キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

一人ひとりの力って結構すごい

一人ひとりの力って結構すごい。
 

f:id:y314t923:20200330230103j:plain

 
今回の新型コロナウィルス感染拡大をみてそう思います。

https://thespinoff.co.nz/wp-content/uploads/2020/03/Covid-19-Transmission-graphic-01.gif?fbclid=IwAR1EsEHn3q2blbpWnYfGRyJaBYiwhsoC3LnPVgGsnMTJ01yVG1JJhx33r7s

 
このシンプルな動画は、そのことをとてもわかりやすく示しています。
 
この週末は、さすがに人出がほぼなかったようですが、自粛が求められる中で
 
特に若者を中心に街に出て、食事やお酒を楽しんだり、花見を楽しむ人たちもずいぶんいました。
 
繁華街の人出はかなり減ってはいますが、学生街など地方の居酒屋となると、案外満員だったりしたようです。
 
ニュースでそんな人たちへのインタビューをよく見ました。
 
「自分は若いからかからない。かかっても重症にはならないから大丈夫」
「自分さえ気をつけていればいい」「気にしすぎだと思う」
 
若者は、そんな楽観的というか、無責任なコメントをあっけらかんと答えていました。何を考えているんだと思う人もいたと思います。でも、
 
なぜ、若者たちは自粛を求められているのに、そんな風に答えるのか?行動できるのか?
 
こういう行動を楽観バイアスというそうです。人間は不安であればあるほど、その不安な現実から目をそむけて、楽観的に考えたり行動する傾向があるそうです。
 
そういう気持ちも確かにあると思いますが、自分が思うに、
 
若者は自分たちに力とか、影響力がないと思っているのではないか?
 
その自信のなさから人に迷惑をかけることはないと思って、無責任な言動をしてしまっているのではないか?
 
自分自身に満足しているか?との質問に、諸外国の若者の8割以上があると答えたのに対し、日本の若者であると答えた若者は半分もいなかったそうです。
 
でも今回、一人ひとりの力は、若者たちが見くびっているほど小さくはないことがハッキリしたと思います。
 
素粒子物理学という物質はどんな風にできているのか、そのミクロの姿を突き止めようとする学問がありますが、その真理を突き止めることはとてもむずかしいそうです。
 
なぜなら、ミクロの世界を測定しようとすると、その測定する行動が物質に影響を及ぼして、物質の素を突き止めることができないんだそうです。
 
それは、人が質問されると、その質問に誘導されたり、喜ばせようとして、本当の自分のことを答えなくなるのと似ています。
 
人は生きているだけで、自分以外の誰かに何か影響をあたえている。そんな力をみんな一人ひとりが持っている。
 
そんな自信を持てたら、みんな責任感をもつことができて、危機感のある行動をとれるようになるのではないか?
 
そんなふうに、一人ひとりが生きている社会、世界は素晴らしいなと思います。
 
今回の新型コロナウィルスとの戦いが、一人ひとりが自分の力に自信がもてるようになり、行動が変わる、そして、社会が変わるキッカケになるといいなと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt

悟りとは平気で生きること。

悟りとは平気で生きること。
 
以前、書いた永平寺の禅の高僧の方の言葉です。ネットであらためて調べると、正岡子規も同じことを言っています。
 

f:id:y314t923:20200330083858j:plain

 

悟りという事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思っていたのは間違いで、悟りという事は如何なる場合にも平気で生きている事であった
 
たしかに悟りというと、どんなことがあっても死ぬ覚悟がある、動じない、そんなイメージがあります。
 
でも、禅の高僧さん曰く、
 
悟りとはいつ死んでもいいと思うことではなく、平気で生きること。
 
その例で話されたことが自然の営みです。
 
わたしは日記をつけておるけれども、何月何日に花が咲いた。何月何日に虫が鳴いた。ほとんど違わない。規則正しい。
 
そういうのが法だ。法にかなったのが大自然や。
 
法にかなっておる。だから自然の法則をまねて人間が暮らす。人間の欲望に従っては迷いの世界だ。真理を黙って実行するというのが、大自然だ。誰にほめられたくも思わんし、これだけのことをしたら、これだけの報酬がもらえるということもない。
 
時が来たならば、ちゃんと花が咲き、そして、ほめられても、ほめられんでも、すべきことをして黙って去っていく。そういうのが実行であり、教えであり、真理だ。
 
自然は立派やね。
 
平気で生きるとはそういうことをいうのだと思います。
 
新型コロナで世の中がたいへんなことになっていますが、今年も桜はいつものように咲き始めています。
 
自分はこの春、転勤になり、お別れの挨拶の時に泣きそうになって言葉につまったけれど、自然は毎年同じように平気で花を咲かせ、散らせ、芽生え、葉を落としています。
 
人生いろんなことがあって、人が平気で生きるのは難しいけれど、こんな時こそ自然の営みのように、やるべきことをやり、平気で生きるという心がけを大切にしたいと思います。
 
春、桜が咲き、夏、日が暑くなり、秋、紅葉が赤くなって、冬、雪が降るように、毎日、一息一息、一生懸命、災いに動ぜず、やるべきことをやり、新しい出会いに感謝して、時には、今まで出会った人たちと再会し思い出話やそれぞれの今の話に花を咲かせることができるように、楽しい日々をおくりたいなと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt 

わかれと出会い ミスチル「終わりなき旅」SUPER BUTTER DOG 「さよならCOLOR」

わかれることはつらいことです。出会って、仲良しになった人たちと、これから好きなときに会えなくなるのは、とても寂しいものです。
 
生まれてから、たくさんの出会いと別れがありました。会社に入ってからも、部署の異動や勤務地の変更の都度、出会いと別れがあります。
 

f:id:y314t923:20200329101057j:plain

 

人生は見方を変えれば、出会いとわかれの連続です。
 
その度に寂しくなりますが、同時に新しい日々への期待も入りまじり、複雑な気持ちになります。
 
期待の大きさは若さと少し相関するなと思います。若い人の未来の時間は長い。いろんな可能性を信じて生きることができる。だから、新しい出会いや経験は自分の新たな可能性を開くキッカケになると前向きにとらえることができます。
 
歳をかさねると、あきらめることもあったり、変われる時間が限られてくると、新しい出会いや経験が面倒に感じてしまう。そろそろここらあたりで、今いるここを楽しみたいという気持ちも強くなってきます。
 
でも、その気持ちにまけてしまったら、変わることをやめ、老いが始まりだす。
 
自分を奮い立たせて、わかれるから、新しい出会いがある。新しい出会いが新しい経験や学びを生む。学びは自分を成長させる。
 
そう思ってワクワクして別れを旅立ちにかえる。
そうありたいと思います。
 
そんな別れを歌った曲を送別会ではよく歌います。
 
ミスターチルドレン「終わりなき旅」
 
難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっと そっと 逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 
登った時気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ
 
胸に抱え込んだ迷いが 
プラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌な事ばかりではないさ 
さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す 
終わりなき旅
 
終わりなき旅

終わりなき旅

  • provided courtesy of iTunes

 

 
サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことは 見えてるんだろ
その思いよ 消えないで
その思いを 僕に見せて
 
 
サヨナラCOLOR

サヨナラCOLOR

  • provided courtesy of iTunes

 

わかれをいい旅立ちにするもの、感極まるものにするのは、感謝だと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt

3億8000万年前の化石のプレゼント

この間、お世話になった元上司の方から、
 
3億8000万年前の三葉虫の化石のプレゼントをいただきました。
 

f:id:y314t923:20200328075925j:plain

 
自分が、4月から名古屋から大阪に転勤することになった、その餞別です。
 
京都生まれ。就職するまで京都にいましたが、3年半ベルギーで働いた以外は、ずっと名古屋。
 
仕事をするうえでの人脈も、仕事を進めるうえでの風習も、プライベートの友達も、圧倒的に名古屋。大阪に行けば、かなりはゼロからのスタートになります。
 
50代も後半にはいったタイミングでゼロからというのは、少々不安というか、しんどいなぁという気持ちが全くないといったら嘘になります。
 
そんな気持ちを察してでしょう。3億8000万年前の三葉虫の化石のプレゼント。こんなふうに言って渡していただきました。
 
新しい場所、新しい人との仕事で、つらいこともあるかもしれないが、そんな時は、この3億8000万年前の化石を見て、自分の思い悩んでいることなんて、ちっちゃいことだと思って、明るく元気にやればいい。
 
いただいた時は、ほんとにうれしかったです。
 
自分は、勤務地がかわり、仕事もかわるという小さな不安がある。一緒に行く妻は、仕事がない分、もっと大きな不安がある。そして今は、新型コロナで世界中がこれからどうなるのか?すごい不安な状態が続いている。日本もこれから爆発的感染が懸念されている。
 
でも、3億8000万年以上前から、地球はあって、その頃全盛だった三葉虫は絶滅して化石のかたちで今に存在の証拠を残している。その後もいろんな生物が絶滅し、人間もスペイン風邪とか、黒死病とか、戦争とかでたくさんの人が死んだけど、今は、結構貧しい人でさえ、栄華をきわめたマリーアントワネットより豊かな生活を送っている。
 
そもそも、宇宙の誕生はビックバン。地球は爆発して飛びちっている石ころのようなものです。
 
そんなことを考えると、不安な日々が続く毎日ですが、今、生きていることの幸せを感じます。
 
その化石は小さなプラスティックのケースに入っていました。プレゼントを渡すとき、
 
このケースはわざわざ東急ハンズで探して、150円で買ってきたんだからな。
 

f:id:y314t923:20200328080020j:plain

 
と笑いながら渡していただいたときの笑顔が最高でした。
 
必ず学べることはある、
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt 

資料のつくりかた STEP4 表のつくりかた

1分間説明ストーリー、ストーリーを説明するデータや事実、シンプルな文章づくりと説明してきました。資料のつくりかたの最後は表のつくりかたです。
 

f:id:y314t923:20200327080711j:plain

 
表は資料の形式のなかでもっともよく使われ、もっともわかりやすい形式です。
 
表の他にも矢印とか図を駆使してカッコいい資料がいいと思った頃もありますが、いろいろつくってみて、表に勝る形式はないと思います。
 
でも、正しい表をつくるのは結構むずかしい。そのつくりかたについて説明します。
 
表のいいところは、単にまとめる形式としてわかりやすいだけでなく、考えを整理する上でもとてもいいツールであることです。
 
表には、縦軸と横軸があります。
 
この
 
縦軸と横軸を考えることが、物事を構造的に理解するのに大変いい訓練になります。
 
まとめようとしていることの要素が何かをとてもハッキリさせることができます。
 
たとえば、年間の重点取り組みをまとめる場合、
 
縦軸に取り組み項目をとり、横軸に取り組み内容をとる。
 
取り組み内容は、さらに
「誰が、何を、どのように、いつ、どこで、どれだけやる」というように分解することができます。
 
すると、横軸は取り組み内容という一つの軸ではなく、たとえば、お客様名、やること、担当部署、目標、スケジュールという5つの軸をとることになります。
 
横軸をきちんと決めると、いいことが二つあります。
 
ひとつは取り組み項目のヌケモレがなくなること。
 
取り組み項目を決めたつもりでも、横軸を埋めようとすると、目標がなかったり、誰がやるか明確になってなかったり、ということが意外にあります。表にしてまとめることで、そのことに気づくことができます。
 
もうひとつは、文がとてもシンプルになること。
 
たとえば、横軸をちゃんとわけないと、
 
A販売店に対し、営業部がタイヤ販売2000本を目標にタイヤ販促策の展開を9月から開始。
 
と書くことになりますが、横軸をわけておけば、表の欄に何が書いてあるかは縦軸と横軸で明確になるので、
 
A販売店、タイヤ販促策の展開、営業部、2000本、9月〜
 
と文章にする必要なく、単語を書くだけで済みます。結果、表を読まなくても、みただけでわかるようになります。
 
軸を決めるコツは、書こうと思っていることの要素を分解して、表の欄に一つのことしか書かなくていいようにすること。
 
書くことが出来るだけ単語になるまで分解することです。
 
とにかくまず表で考えてみる。
 
すると、まとめようとしていることをどういう軸で考えればいいか?イベントの企画の時の軸、進捗をチェックする時の軸など、軸の引き出しが増えていきます。
 
そうして、
 
正しい表がどんどん書けるようになったら、単に資料を書くのがうまくなるだけでなく、理解力、企画力が必ず格段に向上しているはずです。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt 

資料のつくりかた STEP3 いい文章のつくりかた

1分間説明ストーリーができて、肉づけも決まり、レイアウトのイメージまでできたら、ここではじめてパソコンで資料づくりをします。
 
パソコンで資料を作成するときは、ほとんど内容は決まっているので、作業する時間はそんなにかかりません。1時間〜2時間程度で終わります。
 
ここまでのステップをふまずに、いきなりパソコンで資料作成をすると、
 
パソコンはフォントを調整するとかなりたくさんの文字を入れることができるし、グラフを簡単につくれるし、太字にしたり、大きな文字を使ったりできるため、情報満載できれいでかっこいい資料をつくることに夢中になってしまいがちです。
 
前に書きましたが、情報は、相手にあわせて、必要な時に必要なだけにしぼらないといけません。それが1分間説明ストーリーと肉づけなわけです。
 
資料作成の作業は、具体的な文章の作成と入力です。
 

f:id:y314t923:20200326080542j:plain

 
文章をつくるうえで、
 
大事なことはシンプルな文章にすることと、使う言葉や文体をあわせることです。
 
挨拶原稿では、同じ言葉を繰り返すのはよくないので、資料でも同じことをわざわざ違う言葉で書こうとしてしまいますが、資料では、同じときはまったく同じ言葉を使うべきです。そうしないと何が違うのかが一目でわからないからです。
 
このことを記号をつかって説明します。
 
○◯⚫️⬜︎◼️△
 
この場合、ポイントとして強調したいのは黒く塗ったところなのか?かたちが大きいところなのか?かたちの違うところなのか?がわかりません。
 
これが、
 
◯◯⚫️◯◯◯
 
となっていれば、強調したいのは黒丸だなと一目でわかります。
 
これを文章で、同じ意味の違う言葉を使う例であげてみます。
 
昨年の名古屋地区の冬用タイヤ販売は10000本。
本年の第一営業地区のスタッドレスの売上は12000本。
 
昨年の名古屋地区の冬用タイヤ販売は10000本。
本年の名古屋地区の冬用タイヤ販売は12000本。
 
違うのは時期と本数だけだから、時期と本数だけを変えて、他の部分は変えない。言葉をかえてしまうと、違う部分がどこかがすぐに分からなくなります。
 
しかも、
 
文が一緒だと、文章を考える必要もないし、コピーできるので入力も効率的。一石二鳥です。
 
文体を変えてしまう例もしめします。
 
A販売店が大型イベントを実施。売上増をはたす。
B販売店は売上減。通常の営業活動を強化するも効果薄。
 
これも、
A販売店が大型イベントを実施。売上増をはたす。
B販売店は通常の営業活動の強化を実施するも、売上減におわる。
 
と文体をあわしたほうがA販売店とB販売店の違いがわかりやすくなります。
 
ベースをあわすというのは、わかりやすい資料をつくるためには、とにかく重要です。
 
資料の文章やパートを箱で囲むのであれば、箱の横幅や線の太さをあわせる。文字の太さや大きさ、フォントをあわせるなど、ベースをきちんとあわせます。
 
ベースをあわしてから、今度は強調したいところにメリハリをつけます。
 
強調したいところを太文字にするとか、大見出し、小見出し、中身と3種類くらい字の大きさをかえるとか、線を太線にするとか、色をかえるとか。
 
そう考えると、
 
新聞というのは、さすがによくできています。
 
パッとみてわかるという資料としては、新聞ほどたくさんの人に長い間読まれ続けているものはありません。それだけのことはあります。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt 

資料のつくりかた STEP2 説明の肉づけをする。

1分間説明ストーリー、資料の背骨ができたらその骨に肉づけをしていきます。
 

f:id:y314t923:20200325080123j:plain

 
1分間説明ストーリーで考えた新聞の見出し程度の文を説明するために必要な情報を考えます。
 
たとえば、
「暖冬で冬用タイヤの需要が低下」という見出しを説明する情報としては、暖冬をあらわすデータとして月別平均気温の推移、月別降雪日数などが考えられます。傾向をあらわすために少なくとも数年程度の情報は必要でしょう。地区は愛知県にするのか?昔から降雪の少ない三河地区は除いて、名古屋市にしぼるのか?暖冬になった年の気温や降雪に近い地区との比較も面白いかもしれません。
 
とこんなふうに
 
できるだけ、説明に効果的と思われる情報を考えます。
 
その全部を使うとデータがいっぱいになってしまうので、
 
そこから、2つ程度のグラフか表になる程度の情報にしぼります。
 
たとえば、平均気温より降雪の方が売上に影響するなと思ったら、降雪日数にしぼる。
時期は5年前の暖冬とも比較できたほうがいいので、去年と2年前と5年前にしぼる。地区は……
 
というようにして、説明ストーリーを説明するために効果的な情報とその情報につける見出し、新聞の小見出しにあたる文を考えます。
 
つかう情報が決まったら、それをどういう形式であらわすかを考えます。
 
表にするのかグラフにするのか?グラフなら円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、棒グラフと折れ線グラフの組み合わせなどどんなグラフにするのか?
 
なんでもかんでも、グラフがカッコいいと思ってすぐグラフにするケースをよくみかけますが、表のほうがいいこともあります。たとえば、表には同じスペースの中に盛り込める情報量が多く、正確な数値を表すことができるという利点があります。
 
逆にグラフは正確な数値はあらわせませんが、一目で何がポイントなのかを明確に表すことができます。
 
現場の実態を知らずにデータをつかうのは危険です。
 
特に、平均値や合計値を使うのは要注意です。
 
平均や合計は必ずしも実態をあらわしているとは限りません。そのデータが何をあらわしているのか、ちゃんと理解した上で使う必要があります。
 
また、説明ストーリーを裏づけるものはデータだけではありません。
 
データがないケースもあります。その場合は、
 
現場に行って、ヒヤリングをする、写真を撮るなど、数値以外の裏付けとなる事実をあつめます。
 
こうした肉づけのなかで、考えた説明ストーリーを見直す必要がでたら、説明ストーリーの一部を見直して、全体の磨きをかけます。
 
こうやって、
 
説明ストーリーが自分の思い込みや一人よがりではないことを示すデータや事実、その見せ方が決まれば、1分間説明ストーリーの肉づけの出来上がりです。
 
肉づけが決まれば、各々のストーリーパートの量が決まります。
 
各ストーリーパートの量が決まったら、資料のレイアウトを考えます。絵画の下書きみたいな感じで、レイアウトを決め、いよいよ資料の作成作業です。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt