キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

週刊問題解決講座 第7回 ステップ1.2のケーススタディ 夢は実現する。

今まで研修などでたくさん問題解決の事例をみましたが、ほとんどの間違いはステップ1と2でおこります。なので、ステップ2まで終わったところで、よくあるケーススタディを。野球部のレギュラーになりたいというケースです。 ステップ1問題を明確化する …

週刊問題解決講座 第7回ステップ2 ③プロセスを見て問題点を特定する

火曜日は週刊問題解決講座。今日はステップ2の最後の手順「プロセスを見て問題点を特定する」です。問題とは、言いかえれば事件です。 事件=問題の発生現場をおさえずに、「なぜ?」「どうしたら?」と考えても、的確な打ち手を考えることはできません。

すべらない話「夏のポロシャツ」

月曜日はくだらない話を。カジュアルデーの夏の定番はポロシャツにチノパンです。一人すごい汗かきのメンバーがいました。その彼にきびしい上司が言ったこと。

テレワークで求められる新しい働き方と会社との関係

テレワークでありながら、というか、テレワークによってさらにクリエイティブに働き、生きている人はいます。そんな風に働くために必要なこと、それは、本当のプロフェッショナルになること。会社という安心がなくても、個人が自由にいきいきと、世界中の人…

テレワーク 誰もいないオフィスで失うもの

疫病の感染は世の中を大きく変えます。ペストの大流行の後、下水道ができ、産業革命が起きました。今回の新型コロナで新日常が浸透しつつある今、変わったまま元に戻っていないこと。その一つがテレワーク。いいことはたくさんある。でも、失ってしまうリス…

縁を信じて、縁に頼らず

縁を信じて、縁に頼らず。教えてもらった時、すごくいい言葉だなぁと思いました。運命はあらかじめ決まっていると思わないと、納得できないことや奇跡に人生はあふれています。そんな奇跡、贈り物のなかの一つが縁です。その縁に頼るのではなく、縁に恩返し…

誰にでも、どんなことにも一回目はある

大阪と和歌山のトヨタ販売店を中心に販売されている「Tz」というカー用品のプライベートブランドがあります。この間、その5周年ということで、これからもがんばろうという節目の集まりをしました。その時、頭によぎった言葉が前にも一度書いた言葉。誰にで…

週刊問題解決講座 第6回ステップ2 ①②問題を層別し、取り組む問題を決める

今日は、ステップ2「問題を層別し、問題点を特定する」の最初の手順「問題を層別し、絞り込む」と次の手順「取り組む問題を決める」です。「まず隗(かい)から始めよ」「小さなことからコツコツと」

週刊問題解決講座 第6回 ステップ2 問題を層別し、問題点を特定する

今日から、ステップ2「問題を層別し、問題点を特定する」です。このステップ2はたいへん大事です。あるべき姿がきまった後、問題解決に成功するかどうかの大半はこのステップ2で決まると言っても過言ではありません。「なぜなぜ」「どうする?」のまえに…

すべらない話「トイレ」

トイレも生まれてからずいぶん変わりました。生まれた頃、中学生になるくらいまでは、くみとり式の便所。いわゆるボットン便所。和式の水洗トイレがはじめておじいちゃんの家についたのは3年生の頃、その時は、泣いてしまいました。そして、はじめての洋式…

ほぉ〜っ!そうでっかぁ〜えらいもんでんなぁ〜

国内営業の仕事が長く、全都道府県へ出張に行くことができました。日本はどこもそれぞれ個性があって素晴らしいと思います。気候、食べもの、名所、いろいろな個性がありますが、なかでも、方言にはそのお国柄がでるように思います。そんな中から、印象に残…

黒牛の救出

この前、朝のワイドショーでこれからセリに出される黒牛が逃げ出して川を歩いている牛を救出したというニュースを見ました。で、思ったこと。黒牛の救出っていうけど、これから肉牛として殺されて食べられるんだよなぁ〜それでも、救出っていうのかな?

新しい仕事の乗りこえかた

誰でも、職場が変わって、経験のない新しい仕事になると、多かれ少なかれ苦労するものです。そんな時は、悩むより、考えるより、まず場数。オフィスより、まず現場。そのうちに、自分なりに、実現したいと思えるあるべき姿ができ、仕事がおもしろくなり、新…

職人魂

和歌山の整備工場に行ってきました。その整備工場の社長さんは59歳。ですが、まだまだ現役です。まさに職人。「先輩に、車検は決められたことだけやるんだったら誰でもできる。これから2年間気持ちよく安心して乗っていただけるように整備するのがお前の仕…

週刊問題解決講座 第5回 ステップ1⑥絵を描くように描き、現状との差をはっきりさせる

ステップ1の最後です。具体的にどんなあるべき姿を描くべきか?そのポイントです。それは一言で言えば、絵を描くように、夢を目に浮かぶように描く。頭や理屈で考えずに、目をつぶって、映像を想像する。で、いいなぁ~そうしたいなぁ~って気持ちになった…

週刊問題解決講座 第5回 ステップ1 問題を明確にする ⑤二つのあるべき姿

あるべき姿とはお客様や世の中のあるべき姿なのか?それとも、その時の自分のあるべき姿なのか?どちらを描くのかではなく、両方描いた方がいい。自分の欲、虚栄心がロケットが発射するときの最初の噴射だとしたら、世の中、お客様をこうしたいという野心は…

すべらない話「いろんな国の愛してます」

人が人を好きになって、その気持ちを相手に伝える言葉って、なんとなくそのお国柄がでるような気がします。イギリスやアメリカなら、アイラブユー。フランスは、ジュテーム。イタリアになると、ティアーモ。で、ドイツは、イッヒ!リーベ ディッヒ!

人を素直にする力

さんまちゃんが番組で人と話していると、その人がどんどん素直になっていくなぁと感心します。どうしてそうなるんだろう?まずは、リアクション。もう一つが、人が悩んでることを笑い飛ばしてくれること。そこには、人生は簡単ではないというきびしさと相手…

アルマーニがジーンズを発表したファッションショーがすごかった。

アルマーニが初めてジーンズを発表したファッションショーの話です。ジーンズの歴史と価値を勉強し、ジーンズのあるべき姿を熟成するまで考えて、守るべき本質を守りながら、つくった新しいジーンズをどう伝えるか?それを考えぬいたからこそできたショーで…

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1④あるべき姿を描く

現状に問題はない、困っていない場合でも、未来のあるべき姿を描く。今と同じ未来はありません。未来には二種類の未来があります。今より悪くなった未来と良くなった未来です。思いがあれば、あこがれがある。そのあこがれに素直にあるべき姿を描く。

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1③自分の思いの見つけかた

自分の思いを会社の思いに重ねあわせるという話を書きました。でも、思いのない人はどうやったら、自分の思いを持つことができるのか?

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1②自分の思いを重ねあわせる

あるべき姿を考えるのに、なぜ、そもそもの目的までさかのぼって考えなければいけないのか?それには三つのわけがあります。

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1問題を明確にする ①目的を考える

火曜からは週刊問題解決講座。今回からはステップ1「問題を明確にする」について。問題とは、あるべき姿とギャップのある現状です。ですから、問題を明確にするためにまずやることはあるべき姿を明確にすること。そのためにはまず、目的を明確にしなければ…

すべらない話「鼻血」

幼稚園の頃の話です。鼻くそをほじるのが癖でした。それで、鼻血が止まらなくなったっていうすべらない話。

生と死が隣りあわせの街

大阪の街の歴史を勉強して、驚いたことの一つが、街が生と死が隣りあわせにつくられている こと。人が集まり、刹那に時を楽しむ場所は、昔、墓地のあった場所。明日死ぬと思ったら、生きてる間、思いのまま心残りがない時間を過ごそうと人は思う。そんなこと…

顔って変わるなぁ〜

河井議員夫妻の選挙違反疑惑が連日報道されています。それで思ったことが、顔って変わるなぁ〜ってこと。誰しも役割を演じなければいけないし、そのための仮面は必要ですが、その仮面は自分を隠すための仮面ではなくて、自分を表現する仮面、うそのない仮面…

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の実例③ 夢をかなえる

今日の例は、夢や高い志を持って、こうしたい、こうなりたいという姿を描き、現状とのギャップをつくりだして、現状を変え、夢をかなえていく例です。最初にもった夢、目的を忘れずに、常にチャレンジし続ける。永遠に続く問題解決です。

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の実例② 病気の治療

今日も問題解決の具体例を。今度は、病気の治療です。人にとって、命を守ることは最も大事で失敗が許されないことです。そのプロセスや心構えは磨きにみがかれている。最高の問題解決のプロセスです。

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の実例① 新型コロナ対策

問題解決の実例の一つ目は、新型コロナ対策です。日本が諸外国のように、PCR検査を徹底せず、ロックダウンも行わず感染防止に成功した最大の理由は3密という状況を特定して、3密を避けることに対策を集中したことだと思います。問題解決のステップ2のいか…

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の8ステップと心構え

火曜日からは週刊問題解決講座。今日は問題解決の全体像。全体像は解決のプロセス、8ステップと心構えから成ります。心構えはステップを進めていくために大切であると同時に、実践するなかで身につけていくもの。それは武道で戦う技だけでなく、武道を通じ…