キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

グローバル

感動のベンチャーストーリー 吹雪に連なるヘッドライト

ベンチャー企業ではなく、トヨタの話です。それも創業の時ではなく、大企業になってからの話。初の本格海外工場、ケンタッキー工場立ち上げの話です。グローバル企業トヨタが産まれた瞬間だと思います。

欧州のなんでだろう〜?なぜ、日本と何から何まで逆なのか?

ヨーロッパと日本では逆のことがたくさんあるのに驚かされました。なんでだろう〜なんでだろう〜。理由はわかりませんが、逆を楽しむのもいいものです。

海外でスリにあわない一番いい方法と日本が安全すぎると思う件

海外で心配なのはスリです。どんなに治安のいいところでもスリはいます。僕もアテネでスリにあった話を以前書きました。それ以来、いろいろ試してみて、スリに絶対にあわない方法を見つけました。

カルロスゴーンの言葉。「グローバル化とアイデンティティの尊重は両立する」日本人がグローバルになるために必要なこと。

カルロスゴーンさんは捕まってしまいましたが、そのゴーンさんの言葉に「グローバル化とアイデンティティの尊重は両立する。グローバルになることで、アイデンティティは強化される」という言葉があります。ヨーロッパで働いて本当にそうだなと思います。そ…

ヨーロッパで人間グーグルになる

ヨーロッパで担当した経営企画という仕事は難しい仕事でした。各部署バラバラな状態を地域のためにみんなで本社の力を借りずにプロジェクトに取り組むようにする仕事です。苦労しましたが、自分が人間グーグルになった時、なんとかうまく行くようになりまし…

目上の人をうやまうことは日本の美徳なのか?

目上の方を敬うのは日本の美徳です。欧州ではそれほど年上の人を敬うことはありません。それでは、欧州の人が徳がないということなのか?欧州で働いてみて違う見方に気づきました。

仕事に必要な3つの英語力とは何か?それは、仕事に最低限必要な力だった。

仕事に必要な英語力とは何か?言葉という仕事やコミュニケーションで最も必要なことが不自由になり、その後何とか英語で仕事ができるようになった時、仕事に最低限必要な力がわかりました。日本語でもみがき続けたい力、3つです。

日本人の英語で一番へんなことは?

日本人は英語が下手です。僕も3年半いて仕事は英語でできるようになりましたが、テレビや映画は最後までダメでした。そんな日本人の英語で一番へんなことは?

英語と日本語の違いからわかったこと その1 なぜヨーロッパの人は頑張りますと言わないのか?

ものを見て判断したり考える時、人は言葉で考えます。だから、言葉のちがいを理解すると、考え方の違いが見えてきます。欧米の人は何かうまくいかなかった時、頑張りが足らなかったとはいいません。その一因は言葉の違いにあると思います。

英語の大失敗。ユーアーマスターベーション!

ヨーロッパでの仕事、本当に英語では苦労しました。英語での大失敗のお話です。

道具でそろえるか、人の技能でそろえるか?スケジュール表で大議論。

人が同じことをするために道具を工夫してそろえるのか?一つの道具を同じように使えるよう人を教育するのか?ヨーロッパで経験した仕事のしかたの違い。

いじめやあおり運転、バイトテロは何故後をたたないのか?ヨーロッパと日本の教育の違い。

なぜ日本の学校にはいじめがなくならないのか?ヨーロッパのインターナショナルスクールにはいじめはありませんでした。いじめがなくならない理由の一つは教育のちがいにあると思います。

欧州と日本の会議のちがい。欧州の人はなぜ重要でないことを堂々と発言し、なぜ日本人は無口なのか?

ヨーロッパの人は会議で、特に重要でないことでもよく発言します。逆に日本人はあまり発言しません。それはなぜか?グローバルになり先が読めない時代にあうのはどっちか?

アテネでスリに財布をすられて、ヨーロッパでの働き方にめざめる。

2007年ヨーロッパに異動になりました。その1年半後起こったアテネ、スリ事件。財布をすられてわかった、それまでの自分のヨーロッパでの働き方とそれからの働き方。

「君がわかるものをつくれば、誰でもわかる」トヨタの問題解決グローバルテキストをつくることになる。

「営業出身の君がわかるものをつくれば、誰でもわかるものができるだろ」そう言われて、トヨタの問題解決グローバルテキストを作ることになりました。どんなテキストにするか、世界の人に聞いた結果は?