キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

マーケティング

見つけた現場のリアリティ その5 いまも電話が主役

ネットが発達して、ほとんど電話をしなくなりました。でも、整備工場にいってみると、電話が今も主役です。部品などの注文は基本電話。驚きました。それはなぜか?

ラグジュアリーとは解放である。

高級ブランドには興味はない。ラグジュアリービジネスも初めての経験でした。それでまた勉強です。それでわかったことです。そうして、昔のお金持ちは礼服を着て、今のお金持ちはジーンズ姿なのか?

唯一無二になるために。

ブランドとは言い換えれば唯一無二なもの。では、唯一無二になるにはどうしたらいいのか。唯一無二には誰でもなれる。その気になれば。

ブランドとは何か?人にたとえて考えてみた。

ブランドにかかわる仕事も初めてでした。ブランドとは何で、どうやったらできるのか?本を読むと難しいことがずいぶんいろいろと書いてありますが、結局、ブランドって人の名前だなと思います。

レクサス大ファンの奥さまが言ったこと。性能はポルシェよりレクサス。デザインはポルシェですね。

夫婦そろってレクサスの大ファンの方にお会いしたことがあります。奥様は昔はポルシェに乗られていたそうです。デザインはポルシェだけど、性能はレクサスねとおっしゃいました。つくっている人たちの多くが思っていることとは逆。でも、お客様の感じたこと…

新潟への帰省の雪道で子供が寝たとき、チャイコフスキーのピアノ協奏曲が聴きたくて買ったんです。

商品企画、お客様にとっていい車、買いたいと思う車ってどんな車か?デザイン、乗り心地、性能、燃費、色々ありますが、こう言われてハッとしました。いい車はどんなシーンで使いたいかで決まる。

クルマのことを好きになるためにしたことと好きになった理由

もともと風のようになりたいと言って会社に入った人ですから、車のことはそこまで好きではありませんでした。でも、もうそういうわけにはいきません。本当に好きになるために二つのことをやりました。そして、好きになりました。

我々は何を売っているのか?お客様は何を買っているのか?

我々は何を売っているのか?お客様は何を買っているのか?トヨタであれば、それはクルマでしょと思いますが、クルマというモノを買っているわけではないと思います。