キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

人事

人事の仕事でよかったこと、つらかったこと。そして、そんな人事の仕事について担当役員が教えてくれたこと。

人事の仕事は大変勉強になりました。でも、人が人を評価するという人事の仕事は精神的にきつかった。そんな人事の仕事とはどういう仕事か?担当役員が教えてくれたことです。

採用面接でよくした25の質問

社員教育を担当した後、採用も担当することになりました。その頃、学生さんがどんな価値観を持っているかを知りたくて、よくしていた質問です。

トヨタの労使関係づくりで、信頼を築くために行った3つのこと

不確かな未来を共に目指すリーダーがメンバーの安心感を生むのに、最も必要なのは信頼関係です。人事の時の担当役員が教えてくれたトヨタが組合との信頼関係を築くために貫いた3つのこととは?

「OJT研修するって、君、それはS◯X研修するのと同じだぞ!」トヨタ流OJT研修を企画した時いわれたこと。

問題解決テキストの次はトヨタ流OJTの仕方を教えるOJT研修をつくることになりました。sの企画を担当役員に持って行ったとき言われた言葉です。なぜ、そんな風に言われたのか?そのことからわかるトヨタの人づくりの仕組みとは?

「そんな嘘つきを採用した覚えはない!」新入社員と一緒に研修で怒られちゃった思い出と、教えるということ。

採用と社員教育を担当していた頃の失敗談です。新人研修の責任者の時、やっちゃった失敗とおばあちゃん国語教師が教えてくれる教えるということ。

トヨタの問題解決で人生を語ってみる ステップ8 標準化する。真珠湾攻撃と終わりなき旅。

結果が達成できたら、最後のステップ、標準化する。誰でもできるようにルールや仕組みをつくります。標準化はとても大事ですが、日本人はこれがあまり得意ではありません。歴史がそれを教えてくれます。

トヨタの問題解決で人生を語ってみる。 ステップ5〜7 対策を決めて、やりきり、結果を評価する。

真因が見つかったら、ステップ5対策を決めて、ステップ6実行して、ステップ7結果を評価します。達成するまで、何度でも繰り返し。対策のアイデアを思いつくコツは?何度でもチャレンジするために必要なことは?

トヨタの問題解決で人生を語ってみる ステップ4 真因をみつける。有名な「なぜなぜ」と現地現物

解決すべき問題点と目標が決まったら、ステップ4「真因を見つける」いよいよ有名な「なぜなぜ」と現地現物の登場です。正しい「なぜなぜ」と現地現物とは?

トヨタの問題解決で人生を語ってみる。ステップ3 目標を決める

なぜ目標を決めるのがステップ3なのか?あるべき姿を決めた時に決まっているのではないのか?そこには、あるべき姿を単なる希望ではなく、実践的な目標に変える秘密があります。

トヨタの問題解決で人生を語ってみる。ステップ2 問題をブレークダウンし、問題点を特定する

トヨタの問題解決では、なぜなぜが有名ですが、実は、一番難しくて、一番特徴的で、大切なのは、ステップ2です。「問題をブレークダウンし、問題点を特定する」では、なぜ難しくて、大切なのか?

トヨタの問題解決で人生を語ってみる。ステップ1 問題を明確化する

トヨタの問題解決は全部で8ステップ。ステップ1は「問題を明確化する」あるべき姿と現状のギャップが問題です。では、あるべき姿をどう描くのか?

「君がわかるものをつくれば、誰でもわかる」トヨタの問題解決グローバルテキストをつくることになる。

「営業出身の君がわかるものをつくれば、誰でもわかるものができるだろ」そう言われて、トヨタの問題解決グローバルテキストを作ることになりました。どんなテキストにするか、世界の人に聞いた結果は?