キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

人生観

人を素直にする力

さんまちゃんが番組で人と話していると、その人がどんどん素直になっていくなぁと感心します。どうしてそうなるんだろう?まずは、リアクション。もう一つが、人が悩んでることを笑い飛ばしてくれること。そこには、人生は簡単ではないというきびしさと相手…

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1③自分の思いの見つけかた

自分の思いを会社の思いに重ねあわせるという話を書きました。でも、思いのない人はどうやったら、自分の思いを持つことができるのか?

顔って変わるなぁ〜

河井議員夫妻の選挙違反疑惑が連日報道されています。それで思ったことが、顔って変わるなぁ〜ってこと。誰しも役割を演じなければいけないし、そのための仮面は必要ですが、その仮面は自分を隠すための仮面ではなくて、自分を表現する仮面、うそのない仮面…

週刊問題解決講座 第2回 ② 問題解決を突き動かす力 その1「永遠」

改善を突き動かす力とは何か?自分は3つあると思っています。問題解決を突き動かす一つ目の力。それは「永遠に続く」という事です。人は永遠にあこがれ、永遠を求めます。永遠であることを守りたくて、永遠をめざして、人は改善を続ける。

週刊問題解決講座 第2回 ① トヨタの問題解決について

火曜日は週刊問題解決講座。第2回はトヨタの問題解決について。トヨタの問題解決はものづくりの現場から生まれました。ものづくりの考え方や手順が、ものづくり以外に使えるのか?使えます。なぜなら、すべての仕事は何かをつくることだからです。

買うかどうかは相手が決める

買うかどうかは相手が決める。優秀スタッフに何度もなった人が言った言葉です。一生懸命がんばって、期待どおりの結果がでないことは悲しいことですが、だからといって、がんばることをやめてしまったら、うれしいこともなくなってしまう。自分のできること…

自分史を書く。聞く。

新しい職場に来て、いろんな人の自分史を聞く機会がありました。このブログも最初の半年くらいはずっと自分の自分史を書いていました。それで思ったこと。一つは、人の人生というのは出会いがつくるということ。もう一つは、人生は問題解決の連続。人は苦し…

変革は下克上

これからの時代は、変革しないと生き残れないと言われています。どうやったら変革できるのか?変革とは下克上。政治の世界も、ビジネスの世界も、世の中を変えたのは、若者たち。誰もすごくお金や力をもっていた人たちではなかった。そして、最初の一歩はと…

掃除は基本。洒掃応対(さいそうおうたい)

掃除は基本です。外出自粛のおうち時間で一番したことが掃除だそうです。洒掃応対(さいそうおうたい)という言葉があります。江戸時代には清掃と応対が人生の基本、教育の基本でした。それはなぜか?毎日当たり前にする掃除と応対に人生の基本を見いだし、…

三歩すすんで二歩さがる

三歩すすんで二歩さがる。大阪の緊急事態宣言が解除になって、この歌詞を思い出しました。前に進むために具体的な行動を決める。決めたらもう大丈夫か?なんて思わずにとにかく進む。進んでなんかあったら二歩さがる。そうやって進むことが、可能性や希望を…

可能性による幸せ

今まで気づいていなかった幸せ。「可能性による幸せ」人には信じることのできる可能性、希望が必要です。その希望に向けて、変わりつづける努力をすること。お金や社会的地位には換算できない可能性や希望をしっかりともつこと。目指すこと。

真理と出会えたと思った本8冊 その1

本当の真理って、突き詰めるときっと一つ、とてもシンプルなものに違いない。様々なジャンルに通ずる真理に出会うと、それまで悩んでいることがスッキリして、まるで靄がたちこめる道の靄が晴れたような感覚になります。今日はそんな真理に出会える本たちで…

人生観・人間観を学んだ本5冊

外出自粛と在宅勤務、家にいることがほとんどの日々。読書は一つの過ごし方です。自分が読んだ本でよかった本を紹介したいと思います。今回は人生観・人間観を学んだ本です。人生観・人間観は不安な時でも平常心にしてくれます。

人が幸せになる法則 その3「存在承認が幸せへの第一歩」

多く与えられる人とはどんな人なのか?持っていないものは与えられません。そして、有限のものは与え続けることができません。人は自分の存在を承認できたとき、自分が何かを持っているという自信がもてる。そしてその何かを人に与えることができるようにな…

若い知事はなぜすごいのかを考えてみた。

新型コロナウィルス感染への対応をみていると、若い知事がすごいなと思います。若い知事はなぜすごいのかを考えてみました。いくつか理由が思いあたりました。そして思ったこと。若い気持ちを失わないこと、未来は若い世代のためにある。

「覚悟」 笑顔をつくるための心構え その3

覚悟とは、一度決めたら後ろを振り返らないということです。そして、決めたらやりきる覚悟。覚悟を決めて、やりぬいたその先に、たくさんの人の笑顔がある。そのことを歴史は教えてくれます。

「約束を守る」「うそをつかない」笑顔をつくるための心構え その2

素直の次に大事なことは「約束を守る」「うそをつかない」。約束をやぶった瞬間、浦島太郎が約束をやぶって玉手箱をあけて、おじいさんになってしまったように、今まで信じていたことはまぼろしになる。

「素直」 笑顔をつくるための心構え その1

今まで生きてきて、たった一つ、大事だと思う心構えは何ですか?と聞かれたら、「素直」と答えます。素直とはどういうことか?今、新型コロナで緊急事態ですが、こんな時も素直が大事だなと思います。

笑顔をつくるための力 その3 自分をはげます言葉

笑顔をつくるための力の三つめ、それは自分をはげます言葉です。大きな夢だろうが、小さな夢だろうが、ささやかな望みであろうが、あきらめたら終わりです。自分をはげます言葉はがんばる力をくれます。

笑顔をつくるための力 その2 夢見る力

笑顔をつくるための力の二つめ、それは夢見る力です。いくら問題解決の力を身につけても、夢を描くことができなければ何も始まりません。

笑顔なら増やすことはできる。

本当に右肩上がりではなくなったとき、そんな世の中に夢はあるのか?これからの世の中でも右肩あがりにできるものを思いつきました。それは笑顔です。笑顔なら増やすことはできる。知恵とテクノロジーで、一日の時間、もっと笑顔になれることは、きっとまだ…

人は一人では強くなれない。誰でも必ず誰かの役に立てる。

お客様を強くするなんて、おこがましい。相手にとって余計なお世話ってこともある。そう思う人も多いかもしれません。でも、誰の役にも立たない人なんていない。一人ひとり違う。だから、人は誰でも他人にはできない何かを持っている。逆に、人は自分一人で…

一人ひとりの力って結構すごい

一人ひとりの力って結構すごい。人は生きているだけで、自分以外の誰かに何か影響をあたえている。そんな力をみんな一人ひとりが持っている。今回の新型コロナウィルスとの戦いが、一人ひとりが自分の力に自信がもてるようになり、行動が変わる、そして、社…

悟りとは平気で生きること。

悟りとは平気で生きること。新型コロナとか別れとか人生いろんなことがあって、人が平気で生きるのは難しいけれど、こんな時こそ自然の営みのように、やるべきことをきちんとする、平気で生きるという心がけを大切にしたいと思います。

わかれと出会い ミスチル「終わりなき旅」SUPER BUTTER DOG 「さよならCOLOR」

わかれることはつらいことです。自分を奮い立たせて、わかれるから、新しい出会いがある。自分を成長させる。そう思って別れを旅立ちにかえたいなと思います。その時の力は感謝だと思います。

3億8000万年前の化石のプレゼント

名古屋から大阪に転勤することになった、その餞別に、3億8000万年前の三葉虫の化石のプレゼントをいただきました。「つらいこともあるかもしれないが、そんな時は、この3億8000万年前の化石を見て、自分の思い悩んでいることなんて、ちっちゃいことだと思…

ロンドンハーツ「旬な後輩が答えてくれました。芸人お悩み相談」後輩の回答がすごかった。

ロンドンハーツの企画がとてもおもしろかった。お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人の中堅芸人の持つ悩みへの答えが素晴らしかった。やはり、いつの世も近頃の若いもんはと言われる世代が古い世代を超えて、時代をつくっていくんだなと思います。

柔道日本代表発表。井上康生監督の男泣きに思う。

柔道日本代表の発表で、井上康生監督がコメントをもとめられ、男泣き。こんなリーダーと一緒に仕事したいなぁと思いました。勝った人ではなく、まず負けた人のことを思えるような人ってすごいと思います。

やらなければいけないをやりたいにかえる。

人生、やらなければいけないことだらけです。なんだかんだいっても、最終的に自分のやることはすべてやりたいことにする。自分で選んだと思う。そうすれば、仕事も人生も意味のあるゆたかなものになると思います。

没頭する力

何かに没頭できるって能力だなぁと思います。結局、世の中を動かしたり、何かをなし遂げる人って、ものすごく何かに没頭する人。没頭できることにとことんのめりこんでいく人って、どういう人なんだろう?それは、つらい孤独をかかえてそこからぬけだそうと…