キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

問題解決

週刊問題解決講座 第7回 ステップ1.2のケーススタディ 夢は実現する。

今まで研修などでたくさん問題解決の事例をみましたが、ほとんどの間違いはステップ1と2でおこります。なので、ステップ2まで終わったところで、よくあるケーススタディを。野球部のレギュラーになりたいというケースです。 ステップ1問題を明確化する …

週刊問題解決講座 第7回ステップ2 ③プロセスを見て問題点を特定する

火曜日は週刊問題解決講座。今日はステップ2の最後の手順「プロセスを見て問題点を特定する」です。問題とは、言いかえれば事件です。 事件=問題の発生現場をおさえずに、「なぜ?」「どうしたら?」と考えても、的確な打ち手を考えることはできません。

誰にでも、どんなことにも一回目はある

大阪と和歌山のトヨタ販売店を中心に販売されている「Tz」というカー用品のプライベートブランドがあります。この間、その5周年ということで、これからもがんばろうという節目の集まりをしました。その時、頭によぎった言葉が前にも一度書いた言葉。誰にで…

週刊問題解決講座 第6回ステップ2 ①②問題を層別し、取り組む問題を決める

今日は、ステップ2「問題を層別し、問題点を特定する」の最初の手順「問題を層別し、絞り込む」と次の手順「取り組む問題を決める」です。「まず隗(かい)から始めよ」「小さなことからコツコツと」

週刊問題解決講座 第6回 ステップ2 問題を層別し、問題点を特定する

今日から、ステップ2「問題を層別し、問題点を特定する」です。このステップ2はたいへん大事です。あるべき姿がきまった後、問題解決に成功するかどうかの大半はこのステップ2で決まると言っても過言ではありません。「なぜなぜ」「どうする?」のまえに…

職人魂

和歌山の整備工場に行ってきました。その整備工場の社長さんは59歳。ですが、まだまだ現役です。まさに職人。「先輩に、車検は決められたことだけやるんだったら誰でもできる。これから2年間気持ちよく安心して乗っていただけるように整備するのがお前の仕…

週刊問題解決講座 第5回 ステップ1⑥絵を描くように描き、現状との差をはっきりさせる

ステップ1の最後です。具体的にどんなあるべき姿を描くべきか?そのポイントです。それは一言で言えば、絵を描くように、夢を目に浮かぶように描く。頭や理屈で考えずに、目をつぶって、映像を想像する。で、いいなぁ~そうしたいなぁ~って気持ちになった…

週刊問題解決講座 第5回 ステップ1 問題を明確にする ⑤二つのあるべき姿

あるべき姿とはお客様や世の中のあるべき姿なのか?それとも、その時の自分のあるべき姿なのか?どちらを描くのかではなく、両方描いた方がいい。自分の欲、虚栄心がロケットが発射するときの最初の噴射だとしたら、世の中、お客様をこうしたいという野心は…

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1④あるべき姿を描く

現状に問題はない、困っていない場合でも、未来のあるべき姿を描く。今と同じ未来はありません。未来には二種類の未来があります。今より悪くなった未来と良くなった未来です。思いがあれば、あこがれがある。そのあこがれに素直にあるべき姿を描く。

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1③自分の思いの見つけかた

自分の思いを会社の思いに重ねあわせるという話を書きました。でも、思いのない人はどうやったら、自分の思いを持つことができるのか?

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1②自分の思いを重ねあわせる

あるべき姿を考えるのに、なぜ、そもそもの目的までさかのぼって考えなければいけないのか?それには三つのわけがあります。

週刊問題解決講座 第4回 ステップ1問題を明確にする ①目的を考える

火曜からは週刊問題解決講座。今回からはステップ1「問題を明確にする」について。問題とは、あるべき姿とギャップのある現状です。ですから、問題を明確にするためにまずやることはあるべき姿を明確にすること。そのためにはまず、目的を明確にしなければ…

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の実例③ 夢をかなえる

今日の例は、夢や高い志を持って、こうしたい、こうなりたいという姿を描き、現状とのギャップをつくりだして、現状を変え、夢をかなえていく例です。最初にもった夢、目的を忘れずに、常にチャレンジし続ける。永遠に続く問題解決です。

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の実例② 病気の治療

今日も問題解決の具体例を。今度は、病気の治療です。人にとって、命を守ることは最も大事で失敗が許されないことです。そのプロセスや心構えは磨きにみがかれている。最高の問題解決のプロセスです。

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の実例① 新型コロナ対策

問題解決の実例の一つ目は、新型コロナ対策です。日本が諸外国のように、PCR検査を徹底せず、ロックダウンも行わず感染防止に成功した最大の理由は3密という状況を特定して、3密を避けることに対策を集中したことだと思います。問題解決のステップ2のいか…

週刊問題解決講座 第3回 問題解決の8ステップと心構え

火曜日からは週刊問題解決講座。今日は問題解決の全体像。全体像は解決のプロセス、8ステップと心構えから成ります。心構えはステップを進めていくために大切であると同時に、実践するなかで身につけていくもの。それは武道で戦う技だけでなく、武道を通じ…

週刊問題解決講座 第2回 ④ 問題解決を突き動かす力 その3「弾み車」

問題解決を突き動かす最後の力。それは、弾み車の力です。それは掛け算、指数関数の力とも言えると思います。改善のスピードは掛け算。そのスピードに人の能力✖️数✖️資金✖️ノウハウという掛け算で追いつく。でも、人の能力が1より下がれば競争力は掛け算で…

週刊問題解決講座 第2回 ③ 問題解決を突き動かす力 その2「欲望」

自分が思う問題解決を突き動かす力の二つ目は、人間の欲望です。戦後、お金も、人も、技術もなかったとき、生きたいという欲望で始まった改善は、現場の人たちにとっては自己実現のための手段でもあります。

週刊問題解決講座 第2回 ② 問題解決を突き動かす力 その1「永遠」

改善を突き動かす力とは何か?自分は3つあると思っています。問題解決を突き動かす一つ目の力。それは「永遠に続く」という事です。人は永遠にあこがれ、永遠を求めます。永遠であることを守りたくて、永遠をめざして、人は改善を続ける。

週刊問題解決講座 第2回 ① トヨタの問題解決について

火曜日は週刊問題解決講座。第2回はトヨタの問題解決について。トヨタの問題解決はものづくりの現場から生まれました。ものづくりの考え方や手順が、ものづくり以外に使えるのか?使えます。なぜなら、すべての仕事は何かをつくることだからです。

問題解決講座 余談その3 人が成長するとき。がむしゃらにやる。

人が成長するとは、できないことができるようになることです。やりたいこと、自分に求められていることに、自分の実力がともなわないのはつらいことです。追い込まれてがむしゃらに頑張らなきゃいけないようなことに出会い、それに取り組んで実力のギャップ…

問題解決講座 余談その2 勝ちたいという気持ち

勝ちたいという気持ちでがんばる。競争も行きすぎるとよくありませんが、そうした競争心がいいものをつくり、世の中を豊かにしてきました。よし!この課題を解決するぞと立ち向かうために、勝ちたいという気持ちは原動力になります。人の幸せや笑顔をふやす…

自分史を書く。聞く。

新しい職場に来て、いろんな人の自分史を聞く機会がありました。このブログも最初の半年くらいはずっと自分の自分史を書いていました。それで思ったこと。一つは、人の人生というのは出会いがつくるということ。もう一つは、人生は問題解決の連続。人は苦し…

週刊問題解決講座 第1回 なぜ問題解決は必要なのか?

問題解決については、一度テキストのようにきちんと書くことにしました。理由は、社内教育で問題解決を教えようと思っていたのですが、新型コロナ感染のために集合研修が難しくなって、オンラインでやることにしたからです。毎週火曜日、問題解決の一般的な…

考えなくてもできる仕組みをつくる。

東京アラートが出たことで思ったこと。それは、考えなくてもできる仕組みをつくることは大事だということ。そして、素直にマネをすることの大切さ。

問題をバラして考える

問題がおきるといろんな意見が出てきます。現実の問題はいろんな問題がまざりあっている。人が議論するときに混ざるものに「空、雨、傘」があります。さらに現実には、いろんな事実がまざっている。事実を一つ一つ明らかにして、確認して、意見を言い、処分…

繰り返しがベースをつくる。ベースが気づきを生む。

最近、またワンピースのアニメをテレビで見ています。とても綺麗でていねい。それで思ったことは、昔だったら気づかなかったなぁってこと。毎日イラスト描いてるうちに今まで気づかなかったことに気づけるようになってました。繰り返しがベースをつくる。ベ…

いいことはほめて、マネすればいいのに。

緊急事態宣言が39県で解除、少しずつでも確実にいい方に向かっていってうれしいなと思います。ただ、この緊急事態に国、各地方自治体の対応が一枚岩になっていないのはちょっと残念です。いいことはほめて、マネすればいいのに。なぜできないのか?どうした…

見える化のチカラ、大切さ、むずかしさ

大阪モデルが7日連続で達成されて、通天閣、梅田の大ぴちょんくん、太陽の塔が緑色に光りました。なんだかとてもうれしい気持ちになりました。見える化のチカラってすごいなと思います。と同時に、とてもむずかしいことです。すべては見える化から始まる。見…

プライドのムダ

吉村知事と西村大臣の論争について、そこには懸命に頑張ればがんばるほど誰もが持つプライドがそうさせたんだろうなと思います。