キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

日本

レクサスのなかにある日本 「二律双生」

レクサスの中にあるもう一つの日本。それは二律双生。相反するものを両立させること。その最大の例が日本語の漢字とかな。複数の文字を使って、いろんな国の言葉を表します。ハイブリッドはエンジンとモーターをいいとこどり。とても日本的な技術だと思いま…

レクサスのなかにある日本 「間」

レクサスは日本人が作ったから唯一無二になるという話を書きました。レクサスの中には日本があります。その一つがレクサスのデザインです。そこには日本独特の間の感性があります。

君に玉砂利の意味がわかるか?上司に聞かれ、ある日気づいたこと。

決断は55対45と教えてくれた上司が打合せで言った言葉です。ある日、伊勢神宮にお参りをしているときにその意味に気づきました。その意味は、新しく令和時代になって、あらためて響きます。

グローバル トップ オブ トヨタ

新事業立ち上げを担当したあと、トヨタ店営業部という部署を担当することになりました。トヨタ店はクラウンやランドクルーザーを専売モデルにもつトヨタの一番古い販売チャネル。そのトヨタ店を担当する部署です。その部署を担当するにあたり、心に抱いた志…

なぜ、日本人は桜、欧米の人はバラが好きなのか?

桜が咲き始めました。日本人は桜が大好き。僕も大好きです。欧米人が好きな花といえばバラ。何を美しいと感じるかで人の考え方もずいぶん違うように思います。

英語と日本語の違いからわかったこと その3 サンキューとありがとうの違いと日本語が難しいわけ

感謝の言葉の違い。サンキューとありがとう。この言葉の違いから、欧米人と日本人の人に関する根本的な考え方の違いがわかります。そして、それは外国人にとって日本語が難しい理由でもあります。

英語と日本語の違いからわかったこと その1 なぜヨーロッパの人は頑張りますと言わないのか?

ものを見て判断したり考える時、人は言葉で考えます。だから、言葉のちがいを理解すると、考え方の違いが見えてきます。欧米の人は何かうまくいかなかった時、頑張りが足らなかったとはいいません。その一因は言葉の違いにあると思います。

ニューヨークに行ってわかったグローバルになるために必要な3つのこと

ニューヨークでわかったグローバルになるために必要な3つのこととは?

1日マネしたら1日のマネ。3日マネしたら3日のマネ。一生マネしたら何になる?104歳禅の達人の言葉

NHKスペシャルになった永平寺の104歳の禅僧の言葉です。禅は大好き。かしこい生き方のヒントをたくさん教えてくれます。

右肩上がりの成長ができなくなったとき、夢はあるか?

バブル崩壊後、減り続ける自動車市場。これから人口の減少が本格的になる日本。そんな日本に夢はあるか?

北方領土交渉で思い出した、欧州で学んだ日本と欧州の国境の違い。

いま、北方領土問題が議論されています。ヨーロッパ赴任中に気づいた日本と欧州の国や国境に対する考え方の違いを書きました。国は勝ちとるもの。