キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

実践に学ぶ

実践した人本人が書かれた本はおもしろい。説得力と腹落ち感が違う。いつも驚きがある。勇気もくれる。今日はそんな本です。

ビジネスに学ぶ

働くようになってから一番読んだのはビジネス本です。新しい仕事をする時、その仕事の関連する本を少なくとも数冊は読むようにしています。今日はそんな本の中でも、気づきが多かった本です。

未来に学ぶ本

人は歴史に学びます。と同時に、未来からも学ぶことができます。今起きていることが進んだらどんな未来が来るのか?それを生々しく描くことで今に潜む危機が際だち、気づくことができる。今日はそんな本です。

歴史に学ぶ本

世の中が変わるとき、何かが破れるときにどんなことが起きているのか?リーダーのあるべき姿とは?など歴史から学べることはたくさんあります。

真理と出会ったと思った本8冊 その2

昨日の続きです。生物学者の本、スポーツ、芸術を極めた人の本です。

真理と出会えたと思った本8冊 その1

本当の真理って、突き詰めるときっと一つ、とてもシンプルなものに違いない。様々なジャンルに通ずる真理に出会うと、それまで悩んでいることがスッキリして、まるで靄がたちこめる道の靄が晴れたような感覚になります。今日はそんな真理に出会える本たちで…

人生観・人間観を学んだ本5冊

外出自粛と在宅勤務、家にいることがほとんどの日々。読書は一つの過ごし方です。自分が読んだ本でよかった本を紹介したいと思います。今回は人生観・人間観を学んだ本です。人生観・人間観は不安な時でも平常心にしてくれます。

機械にはできないこと。相手の身になって考える

愛はあの子よがり。でも相手の身になって考えるってとってもむずかしい。でも、それは機械にはできないこと。AIの時代、人がもつ大事なこと。

大切なものを残し、そうでないものは捨てる勇気をもつ

大切なものをほんとうに大切にするためにしなければいけないこと。それは大切でないものを捨てること。

負けない技術 20年間負けなしの雀士が語る生き方、運のつかみ方

負けない技術という本があります。20年間無敗の伝説の雀士、桜井章一という方が書かれた本です。この内容が実に深くておもしろい。生き方、運の掴み方、仕事の仕方、いろんな学びがあります。明日からのお盆休みの読書にオススメです。

記憶は過去のものではない。今のもの。

記憶とは過去のものと思っていました。でも、脳には過去を記録する場所はありません。なぜなら、人の体は半年に一回入れ替わっているから。では、記憶とは何なのか?過去から解き放たれるために必要なことは?

Everything is beautiful, nothing hurt 「スローターハウス5」すこし切ないけどあかるい物語。

このブログのしめくくりに使っている言葉。Everything is beautiful, nothing hurtはスローターハウス5という小説で知りました。少し切ないけどなぜか明るい物語。切ないけど明るいって好きな態度です。トヨタ時代の話も一区切り。ブログのしめくくりの言葉…

マイルスデイビスが教えてくれる自分の変え方、つらぬき方

マイルスデイビスはなぜ新しい音楽をつくり続け、人を育てることができたのか?

影響を受けた本「ものぐさ精神分析」岸田秀 著 世の中はぜんぶ幻。だったら何を信じればいい?

昨日のブログでふれた本の紹介です。ものぐさ精神分析。ちょっと難しいですが、世の中は全部まぼろしってことが書いてあります。去年大ヒットしたサピエンス全史も似てるなと思いました。