キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

歴史

生と死が隣りあわせの街

大阪の街の歴史を勉強して、驚いたことの一つが、街が生と死が隣りあわせにつくられている こと。人が集まり、刹那に時を楽しむ場所は、昔、墓地のあった場所。明日死ぬと思ったら、生きてる間、思いのまま心残りがない時間を過ごそうと人は思う。そんなこと…

大阪の街は星空。

大阪の街を歩くことが増えて感じる事があります。それは、大阪の街は星空に似てるってことです。それはなぜか?

今は戦時か?

今の緊急事態。トランプ大統領は自分のことを戦時大統領と言っていますし、フランスのマクロン大統領も今は戦争状態だと語っています。日本では、戦争や戦時に例えることには反対の人が多いようです。その違いの背景には、国民の国に対する価値観、信頼の違…

大阪の歴史を感じて歩く

緊急事態宣言で自粛生活をするなかで、散歩は唯一の運動、外出の楽しみです。ブラタモリみたいに。住んでいる街の歴史を学び、それを確かめるように感じて歩くのはとても楽しい。住んでいる街のことがもっと好きになります。おすすめです。

幕末維新のとき、お百姓さんはなにを思い、生きていたのか?

幕末維新の時、お百姓さんたちは何を思い、行きていたんだろう?最近、そんなことを考えます。開国後、世の中がみだれ、生活が苦しくなるなか、どんな気持ちで毎日頑張っていたんだろう?

関ヶ原をあるいて思った義に死ぬ美しさと罪深さ。

関ヶ原の古戦場に職場の仲間と行きました。戦う前から勝負は決まっていた出来レースだったことを実感しました。そして、義に死ぬことを選ぶ美しさとリーダーとしての罪深さを思いました。それは戦でも会社でも同じだなと思います。