キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

細部に性能がやどる。きたえみがかれたクルマに生き方を学ぶ。

車の性能は本当に細かなことのつみかさねで変わることを知りました。昨日書いたハイブリッドもそうでしたが、その一つ一つの工夫は、人の生き方のヒントまで教えてくれます。

細かな改善が支えるハイブリッドの性能、おもてなし、生き方。

ハイブリッドが生まれて約20年。その進化は数々の細かな改善で可能になりました。その改善からは、人の生き方も学ぶことができます。

茶道のおもてなしのようなクルマ。人間中心の技術。human centered

レクサスが大事にする価値観に、人間中心という考え方があります。技術を人を中心に考えて使うという考え方です。それは今まで書いてきた茶道のおもてなしのような技術です。

レクサスのなかにある日本 「間」

レクサスは日本人が作ったから唯一無二になるという話を書きました。レクサスの中には日本があります。その一つがレクサスのデザインです。そこには日本独特の間の感性があります。

レクサス大ファンの奥さまが言ったこと。性能はポルシェよりレクサス。デザインはポルシェですね。

夫婦そろってレクサスの大ファンの方にお会いしたことがあります。奥様は昔はポルシェに乗られていたそうです。デザインはポルシェだけど、性能はレクサスねとおっしゃいました。つくっている人たちの多くが思っていることとは逆。でも、お客様の感じたこと…

新潟への帰省の雪道で子供が寝たとき、チャイコフスキーのピアノ協奏曲が聴きたくて買ったんです。

商品企画、お客様にとっていい車、買いたいと思う車ってどんな車か?デザイン、乗り心地、性能、燃費、色々ありますが、こう言われてハッとしました。いい車はどんなシーンで使いたいかで決まる。

クルマのことを好きになるためにしたことと好きになった理由

もともと風のようになりたいと言って会社に入った人ですから、車のことはそこまで好きではありませんでした。でも、もうそういうわけにはいきません。本当に好きになるために二つのことをやりました。そして、好きになりました。

我々は何を売っているのか?お客様は何を買っているのか?

我々は何を売っているのか?お客様は何を買っているのか?トヨタであれば、それはクルマでしょと思いますが、クルマというモノを買っているわけではないと思います。

約50台のクラウンがよみがえる。レストアクラウンプロジェクト

全国のトヨタ店の皆さんと約50台の初代クラウンを始め、歴代の古いクラウンをよみがえらせるプロジェクト。そのプロジェクトを通じて、あらためて車の魅力、力を感じることができました。

36年乗り続けて、突然動かなくなったクラウンがよみがえる物語

36年間乗り続け、動かなくなってからもそのクラウンを捨てることなく保管されていたお客様がいらっしゃいました。その方にとってクラウンは分身のような存在でした。クルマってすごいなと思います。