キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

マネジャーは二度進化する。マネジャーの3タイプ。

OJT研修をつくることになった頃、新任マネジャー研修も開発し、実施していました。実は、OJTで悩んでいるマネジャーが増えていることに気づいたのは、このマネジャー研修を通じてでした。

 

自分は32才の時にグループマネジャーになってから、当時10年くらいマネジャー経験をかさねていました。

 

誰もマネジャーの仕事について教えてくれなかったので、今までの上司のやっていたことを考えながら、トライアンドエラーを繰り返しながら、スタイルをつくっていきました。

 

新任マネジャー研修では、自分が学んだことをみんなに伝えることを心がけました。「もらったものは次の人にわたす」です。

 

その当時、自分の10年間を振り返ると、10年間で自分のマネジメントスタイルは二度進化していました。

f:id:y314t923:20190224091612j:plain

 

第一形態: プレイヤー型

 

プレイヤー型とは「グループの仕事=全部自分の仕事」と思って、メンバーを使い、仕事をします。

 

誰でも最初にマネジャーになると、このプレーヤー型になることが多いと思います

 

<スタイル>

・部下を手足として使うので、マイクロマネジメントになります。

 

・とても厳しくて、冷たい上司になります。パワハラになる人は全員このタイプです。
 このアウトプットでは自分として満足できない、評価されないじゃないかという
 気持ちで部下を怒ってしまいます。

 

<良いところ>

・ついてこれる部下は育つ

・自分のレベルのパフォーマンスを出せること。

 

<悪いところ>    

・すごく忙しくなる、ストレスがたまる。メンバーが疲弊する、育たない。

・自分の実力以上の成果は出せない。

 

このタイプでは、短期的に成果はでても、長続きしません。時として、メンバーがつぶれます。

 

メンバーと自分との実力差が大きい時は、このやり方でないと、うまく成果がでませんが、その場合を除くと、あまりいい型ではないと思います。

 

僕はそのことに気づいて、1回目の進化。プレーヤー型からサポーター型に進化しました。

 

第二形態: サポーター型

 

サポーター型は「グループの仕事=メンバーの仕事」と思って、メンバーと共に働き、仕事をします。

 

プレーヤー型で部下につらい思いをさせてしまった後悔から、今度は部下をサポートすることに徹しようも思いました。

 

<スタイル>

・部下が仕事をすすめるのに任せて、やりきれるようにサポートします。

・いいよ、いいよという優しくて、あまいマネジメントスタイルです。

 

<良いところ>

・メンバーにストレスがたまりません。

 

<悪いところ>

・パフォーマンスが部下の能力に大きく左右されます。多くのケースでは、マネジャー
 の能力の方が高いので、マネジャーが出せる成果より成果が悪くなるリスクが
 あります。

・甘すぎて、意外に部下が育ちません。 

 

このタイプでは、グループの雰囲気はよいのですが、成果が向上しないし、安定もしません。全員のメンバーの能力が高い時はいいのですが、そんなにメンバーが揃うことはまずないので、この型もベストとは言えません。

 

そのことに気づいて、僕は2回目の進化。マネジャー型になりました。

 

最終形態: マネジャー型

 

マネジャー型は「グループ長の仕事=マネジメント」と思って、メンバーをマネジメントして、グループのパフォーマンスの最大化とメンバーの能力向上を図るよう、仕事をします。

 

プレーヤー型でも、サポーター型でも、思ったようにうまくいかず、このスタイルになりました。

 

<スタイル>

・方向やゴールを明確に示します。

・人にあわせた対応を心がけ、各メンバーの実力以上の力を引き出そうとします。

(任せて見ておく人~手取り足取りの人・厳しい人~やさしい人)

・メンバーの良いところを活用し、悪いところはカバーしあえるように、
 役割分担します。

      

<良いところ>

結果、グループの雰囲気がよく、成果もでます。かつ、部下が成長します。

部下が成長するので成果は向上し、自分の実力以上の仕事ができるようになります。

 

<悪いところ>

きめ細かい対応が必要になるので、マネジャーの負荷と能力が必要になります。

 

ぼくの場合は、だいたい3年ごとに進化しました。第1形態のときのメンバーには苦労をかけたなと思います。今でも会うと謝ります。

 

厳しく指導すべきとか、任せるべきとか、マネジメントについてはさまざまな意見がありますが、人によって変えるというのが正しい答えだと思います。

 

そもそも、マネジャーとはマネージする人という意味。マネージとは英語でどうにするとか、やりくりするとか、そういう意味だそうです。

 

築くべき未来を持ち、今を生きる一人一人とよりそって、問題解決とOJTを繰り返す。

それがトヨタで学んだマネジメントです。

 

必ず学べることはある

学んだことは次の人にわたす

Everything is beautiful, nothing hurt