キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

日本の英語教育や英会話教室では英語を話せるようにならない。話せるようになるためのベストな方法。

日本の英語教育は間違っていると思います。
 
もし正しい教育なら、こんなに多くの日本人が英語が話せなくてこまることはなかったはずです。
 
では、何が間違っているのか?
 
日本の英語教育は解読技術を学ぶ学問になってしまっていて、言葉本来の役割であるコミュニケーションをするための教育になっていません。
 
漢語教育では中国語にレ点など記号をつけ加え、順番を日本語の順番に組み替えて読むことを学びます。
 
日本の英語教育もこのレ点発想になっています。
 
現在進行形や受動態という理解の仕方が、英語としては正確ではありません。そのことはこの前のコラムで書きました。
文型教育はレ点発想のオンパレードです。
 
例えば、 “It is difficult to ○○”を「○○するのは難しい」と訳します。
 
本来直訳すれば「それは難しい。何か?○○することが」となるはずなのに、日本の英語教育では、○○から、うしろから読むように教育してしまうわけです。
 
まさに解読です。
 
でも、実際の会話ではあらかじめ全ての文を見ることは不可能で、前から順番に聞くしかありません。なので、英語で話されることがさっぱりわからないということになります。
 
思えば、江戸時代は、「解体新書」などという蘭語で書かれた医学書をまさに暗号を解くかのごとく読んで学んでいたのですから、コミュニケーションの学問としてではなく、解読としての学問になってしまったのも当たり前かもしれません。
 
それよりさらに性質が悪いのが、英会話教室です。
 
そもそも学校であれほど英語を勉強しているのに、英会話教育なるものがビジネスとして成り立つこと自体、英語がコミュニケーションの学問になっていない証拠ですが、この英会話教育もまた根本的に間違っていると思います。
 
間違っている上に法外な授業料をとるのだから言語道断です。
 
特に外資系の英会話教育はひどい。
 
外資系の英会話教育の理論はきわめて単純で、母国語を使わずに習得したい言語をとにかく使って話していれば、そのうち話せるようになるというものです。
 
僕が会社から行っていた教室でも、日本語禁止。英語で話さなければいけませんでした。その話に外国人の先生が相づちを打つのですが、その相づちが
 
へぇ〜
 

f:id:y314t923:20190313073147j:plain

 
それ、日本語やん! ちょっと腹立ちました。
 
このノウハウは、何でも、赤ちゃんや子供が言葉を覚える覚え方をベースにしているらしい。しかし、残念ながら我々英語を学ぶ日本人は赤ちゃんではありません。
 
日本語という全く語順が異なる言語で頭脳がフォーマット化されているのです。
 
外国語のほとんどはフォーマット自体に大きな差はないので、とにかく話していれば話せるようになりますが、日本人の場合、一度違う形でフォーマット化されているので、フォーマットそのものを作り変えない限りどうにもなりません。
 
コンピューターのOSと同じです。この悲しさが外資系英会話教育の人にはわかっていない。従って、英語を話す機会をもつことは意味はありますが、それだけで、話せるようになるには、時間がすごくかかる。お金の無駄だと思います。
 
では、どうすればよいのか。
 
ひたすら音読、これにつきます。
 
既に何冊か音読メソッドを推奨する本が出ています。僕もそれを読み、そのとおりにして、やっと少し話せるようになりました。
 
ひたすら音読し、言葉の順番に読み、聞き、頭の中に英語フォーマットを刷り込む作業を繰り返すしかありません。
 
日本語と同じように、言葉を口にすると同時に、何を話しているかがわかっている状態で読めるようになるまで繰り返すのです。
 
覚えるのではなく、日本語を読むように、タイムラグなく意味がわかるようになるまで、というのがポイントです。
 
そのためには、最初のうちは100回、最低でも50回くらいは読まないとそうなりません。退屈ですが、それしかありません。
 
音読の教材はたくさんありますが、演説の音読がおススメです。その人になった気持ちで読みやすいからです。
 
キング牧師のワシントン大行進の時の有名な演説、I have a dream はそれこそ何度も読みましたが、読みながら感動して泣きそうになりました。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt