キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

海外でスリにあわない一番いい方法と日本が安全すぎると思う件

海外旅行で多くの人が心配するのが、スリです。自分もアテネでスリにあったことはすでに書きました。
日本でよくジーパンの後ろポケットに長ザイフを入れて歩いている若者がいますが、あれなんかはスリ放題。ワカモノというよりバカモノです。
 
自分がスリにあった時は、財布はズボンの前のポケットにいれていました。それでも、後ろから手をスッと入れられてすられてしまいました。
 
それで気づいたのですが、案外、
 
ふつうのズボンの前ポケットというのも、後ろから手を入れやすいんです。
 

f:id:y314t923:20190320073555j:plain

 
僕がスリにあって警察に行った時、スリにあったアメリカ人のおじさんにあいました。そのおじさんは、カーゴパンツの横についているポケットにいれていた財布をすられていました。
 
おじさんはカーゴパンツのポケットにはちゃんとボタンをしていたのですが、ナイフでポケットを切られて、すられたそうです。
 
だから、エストポーチに入れて歩いている人がいますが、あれも危ない。リュックサックを背中に背負うのもダメ。ナイフできられたら終わりです。
 
では、何が一番安全か?
 
ジーパンの前ポケット。
 
これが一番安全だと思います。ジーパンの前ポケットはポケットの口が上についている上に、ピチピチなので、スリが気づかずに手を入れることはまず不可能。後ろから抱きつくしかないと思います。
 

f:id:y314t923:20190320073819j:plain

 
ジーパンの前ポケットに財布を入れて、上からシャツを出していれば、絶対に大丈夫。ショルダーバックでポケットの口を隠すのもいいでしょう。
 
あとは、とにかく人通りが少ないところを絶対に歩かないこと。人混みの激しいところに行かないことです。
 
日本人は海外は危ないと思ってる人が多いと思います。旅行代理店の団体ツアーなんかに参加しても、ガイドの人が気をつけてくださいと言うもんですからなおさらです。
 
たしかに日本ほど安全な国はありません。でも、仕事でいろいろな国に行きましたが、海外は、ある程度注意しておかないと、スリ程度にはあってしまう国がほとんどです。
 
そういう意味では、
 
海外が危ないというよりは、日本が安全すぎるのかもしれません。
 
安全にこしたことはないけれど、あまり安全すぎるのも、平和ボケしてしまったり、海外への抵抗感をつくったり、悪い面もあるなぁ〜と思います。
 
自分の身は自分が責任を持って守る
 
この当たり前のことは、常に忘れないようにしたいものです。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt