キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

欧州のなんでだろう〜?なぜヨーロッパの道は右折優先なのか?馬車の道とカゴの道

ヨーロッパの道や交通ルールは日本と随分違います。例えば、ランナバウト(ロータリー交差点)、無料の高速道路、そして、
 
なんと右折優先。
 
特に直進より右折が優先される右折優先は、日本人からすると全く不合理にしか感じられませんでした。
 
右から来る車が本当に一時停止もせず、凄いスピードで突っ込んでくる。ヒヤッとすることも結構あります。
 
信号だって、そのためか、ほとんどが交差点の右角についています。止まるのが遅れて停止線より前に止まろうものなら、信号が見えなくてとっても苦労します。右折優先、本当にやっかいなルールです。

f:id:y314t923:20190328074350j:plain

 
しかし、その理由がある日突然わかったのです。
 
ある日のこと、ランナバウトの中の駐車場に車を停めました。その時、そこにある噴水に目が留まったんです。
 
それは水のみ場のような形をしていました。それでわかったのです。
 
その噴水は昔の馬車の馬の水のみ場がそのまま噴水になったに違いないと思いました。そう思った瞬間、ランナバウトや右折優先の謎が一気に解けました。
 
つまり、ランナバウトも右折優先も大昔の馬車のルールがそのまま残っているのではないか。
 
馬車は馬なので直角には曲がれない。だから交差点はランナバウトつまりロータリーになる。
 
そして、馬は目が横についていて、真正面は見えないそうです。そのかわり視界が広い。横から馬車が来るとビックリして止まります。だから右折優先。
 
なんとヨーロッパの道は、昔昔、馬車の時代から続く道で、ルールもまたその時代から続くものだったかもしれない、そう考えると右折優先も納得がいきます。
 
そう思って調べてみたら、実はランアバウトはそんな昔々からあるわけではなく少々がっかりしましたが、とは言っても、ランアバウトを造ったとき、馬車のことも考えたはずです。
 
日本は歩行者中心。東海道五十三次なんかを見ても、歩いているのは人ばっかり。だから四角の交差点になる。自分の子供の頃までは、まだほとんどが土の道だった日本とは道の成り立ちがまるで違います。
 
欧州の車は、馬車の進化形。
 
そういえば、最初の自動車は馬なしの馬車みたいな形。車の歴史もまた日本とは桁違いというわけです。
 
トヨタ豊田章一郎名誉会長がヨーロッパの名門ディーラーを訪問された際、創業何年になるか聞かれたそうです。
 
すると、ディーラーのオーナーは創業200年になると答えます。
 
それを聞いた名誉会長は自動車は発明されてまだ100年も経っていないのに、200年はおかしいといわれたところ、
 
そのオーナーは馬車の時代からビジネスをしています
と答えられたそうです。
 
日本の車の前身は何かと考えたらカゴ。
 
日本で人気のノアやセレナといったワンボックスカーやタントのような軽トールは、日本以外の国では全く人気がありません。
 
日本でだけ、軽トールにこれほど人気なのは、形がどこかカゴに似ているからではないか?
 
また、アルファードヴェルファイアのような高級ワンボックスカーはどこか大名カゴに似ています。
 
車の形や性能もその国の歴史や道がつくるのだと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt