キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

つくすだけでは好きになってはもらえない。心を動かすために必要なこと

10連休はいかがでしたか?今日からまたビジネスブログ再スタートです。
 
営業スタッフの人たちに働いていて一番うれしいことは?と聞くと、お客様からのありがとうの言葉だと答える人がほとんどです。だから、
 
お客様のためにとことんつくせるようにすることが、車を売る仕組みとやる気をつくる仕組みになる。
 
そう考えたことは10連休前に書きました。
たとえば、車のアフターサービスの時に徹底的にお客様につくす。そうやって、お客様との絆を強くしておけば、お客様が車が必要になれば、おのずと車を買ってもらえる。スタッフは車を無理に売ろうとするのではなく、お客様の満足をあげることだけを考えれば車は売れる。そう考えました。
 
しかし、いろんな販売店を見てわかったことは、
 
お客様にただつくすだけでは車は売れない
 
ということでした。
 
マーケティングの世界では、お客様の満足を高め、ニーズをとらえれば、ものは売れると言われています。
 
実際、普通の商品はそれで売れる。お客様が自分で棚にある商品をとったり、クリックしたりしてくれるからです。
 
ところが、車となると、そうはいきません。
 
とても高い商品だからです。つまり、
 
車は「買ってください」とか、「いかがですか」って、オススメしないと売れません。
 
でも、その一言を言うタイミングや言い方を間違えても売れない。
 
車を売るということは、人に好きになってもらうことにとても似てると思います。
 
かっこいいだけでは男はモテない。やさしいだけでもモテないのと同じです。
 
誰でも誰かに好きになってもらう時、愛の告白をします。告白しないと恋人はできません。車を売るのも同じです。
 
好きになってもらおうと頑張った最後に、告白しないと本当に好きにもならないし、好きになってももらえません。
 

f:id:y314t923:20190507072325j:plain

 
誰かを好きになるとき、100%好きなんてことはありません。好きなところもあればそうでないところもあります。でも、いったん好きと告白すると決めて、告白するとき、その人のことを100%好きになる。それは相手も同じこと。
 
車を買うとき、100%気に入る車なんてそうそうありません。買うと決めたとき、100%好きになる。
 
近頃、テスラがネット販売に集中するというニュースがありました。さすがだ、先進的だという意見もあるようですが、おそらくうまくいかないように思います。
 
人に好きと告白する、付き合ってくださいとお願いするのには勇気がいります。断られるかもしれないという気持ちに打ち勝つ勇気です。
 
だから、車の販売スタッフに必要なやる気とは、そんな勇気。強さが必要です。
 
そんな勇気ではじめて売れるのが車だから、売れるとうれしい。そのうれしさは、好きと告白して、私も好きと言ってもらえた時のうれしさに少し似ているんだと思います。
 
そして、相手のうれしさ、満足も、ただつくされているだけの満足より、はるかに大きな満足になる。
 
合理的なことだけでないところが面白い。
 
必ず学べることはある。
学んだことは次の人にわたす。
Everything is beautiful, nothing hurt