キムライフ

もらったものは次の人に渡す。トヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

ジャズライブ、1万回タックル、天下無敵、本当の自由になるために必要なこと

トヨタ店の歌を作っていただいたり、クラウンの動画づくりをしていただいた吉田次郎さんのジャズライブにはよく行きます。いつもライブハウスは超満員。素晴らしい演奏です。
 
ピッタリとあわして演奏してるかと思えば、各演奏者が即興でアドリブを繰り広げます。そして、自由にひいていると思うと、突然全員がピタッとフレーズをあわす。
 
そこには、
 
お互いの信頼関係、演奏によるコミュニケーション、そして自由がありました。
 

f:id:y314t923:20190526062849j:plain

 
ただ、思いのままに自由に弾くためには、日頃の大変な練習が必要なことは言うまでもありません。
 
昔、京大アメフトの水野元監督のお話を聞く機会がありました。
 
水野元監督は、
 
選手にタックルの練習を10000回させたそうです。
 
単純なタックルですから10000回もしなくたって、タックルはできるようになります。でも、
 
10000回やると世界が変わるんだそうです。
 
10000回もやると、タックルを無意識にできるようになる。回数が足らないとタックルを正しくしようとして、タックルのことを考えてしまうのですが、無意識にやる状態になるとタックルのことを考えなくていいので、その分、
 
もっと周りの選手の動きに気づくようになり、本当に見える世界、聞こえる世界が変わるそうです。
 
話は変わって武道の世界のはなしです。
 
天下無敵とは、誰よりも強いという状態ではなく、文字通り敵がいない状態のことをいうそうです。
 
敵と相対すると、敵の動きを見て攻めたり守ったりすることになる。すると、どうしても一瞬遅れることがあり、負けてしまう。
 
しかし、鍛えつづけていると、相手と一体になれるようになる。
 
敵と一体になったときは、一体だから、相手を見ることはない。何をするかはする前か、あるいは同時にわかる。だから負けない。
 
それか天下無敵です。
 
ジャズの演奏で、みんなバラバラに自由に演奏していても、ピタッと演奏があうのは、きっと演奏している人が一心同体になっている、いわば天下無敵状態なのだろうと思います。
 
自由に生きるというと、ずいぶん気楽な感じもしますが、
 
大変な努力、反復を通じて、まず自分からとき放たれる。そして、相手を信頼して、相手のことからもとき放たれる。チームのみんなと一体になることが本当の自由
 
なんだと思います。
 
そしてこれは、いい仕事をすること、いい人生を送るためにも必要なことだと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt