キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

新潟への帰省の雪道で子供が寝たとき、チャイコフスキーのピアノ協奏曲が聴きたくて買ったんです。

レクサスの仕事をしていたころ、昔の人事のときのメンバーと飲んでいたときのことです。
 
RXを買った女性が僕にちょっとくってかかるように言いました。
 
この間、RXの購入者アンケートがきて、なんで買ったのかを回答させられたんだけど、機能とか価格とかデザインとか、そんなことしか聞かれない。
 
購入者アンケート、あれ、おかしいですよ!
 
私は、年に一回新潟に帰省するときの雪道で、子供が寝静まった車内で、チャイコフスキーのピアノ協奏曲を聴くためにRX を買ったんです。
 

f:id:y314t923:20190601081725j:plain

 
そういうことが答える欄がないのはおかしいと思いませんか!
 
なるほど〜とすごく納得してしまいました。
 
イノベーションのジレンマで有名なクリステンセン教授の本でジョブ理論という本があります。
 
ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位!  ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 作者: クレイトン M クリステンセン,タディホール,カレンディロン,デイビッド S ダンカン,依田光江
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

その本に最初に出てくる
 
ミルクシェークのジレンマという話があります。
 
ロサンゼルス近郊にあるドライブスルーのあるレストランがミルクシェイクの売上を伸ばすために、
 
どんなミルクシェイクがいいか市場調査をします。
 
甘さはどれくらいがいいのか?温度はどれくらい冷たいのがいいのか?とにかく人が美味しいと感じるミルクシェイクはどんなミルクシェイクなのかを調査したわけです。
 
ところが、何が美味しいミルクシェイクなのかがまったくわかりません。
 
それで、毎朝ドライブスルーでミルクシェイクを買っていく人たちになぜミルクシェイクを買うのかを片っ端から聞いたそうです。
 
そうすると、ミルクシェイクを買う人たちは美味しいミルクシェイクが欲しいわけではないことがわかりました。
 
ロサンゼルスの朝はすごい通勤渋滞です。その渋滞をどう過ごすのかは通勤してる人たちにとって悩みのタネ。
 
とにかく渋滞は退屈です。
 
朝の通勤の大渋滞、その退屈しのぎにミルクシェイクがピッタリだというのです。
 
片手で運転しながらストローで飲める。
甘くてストレスがやわらぐ。
ねっとりしているから、すぐなくならない。
 
つまり、甘くて長持ちするシェイクが、朝通勤する人たちにとって、いいミルクシェイクということになります。
 
逆に、日曜の夕方によく売れるミルクシェイクは子連れのお父さんが多い。
 
子供に欲しいものをガマンさせるのに、お父さんがミルクシェイクを買ってあげるそうです。
 
この場合は
 
甘くて、子供にも飲みやすく、サラッとすぐなくなるソフトクリームのようなシェイクがいいミルクシェイクということになります。
 
このように、
 
時代はターゲットを絞って考えるだけでは足りない。シーンごと、すます用事ごとのお客様を考えて、何が求められているのかを考えなければいけない時代になった
 
というのが、クリステンセン教授の主張です。
 
話はもどって、RXを買った人事時代のメンバーのケース。
 
彼女にとってのいいクルマとは
 
雪道でも安心して走れる
子供が寝られるくらい、そして、クラシック音楽がきけるくらい振動や音がしない。
いい音がするカーオーディオ
そして、故郷に錦を飾れるステータス
 
いいクルマって、人それぞれ。というか、場面それぞれです。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt