キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

見つけた現場のリアリティ その2 気がついたらダイソンの最新式のコードレス掃除機を買ってしまった件

コードレス掃除機を買おうということになりました。
 
二人暮らしだし、奥さんも働きだして時間もないので、手軽に掃除ができるコードレスいいねということで、ネットで調べてみました。すると、人気のダイソンが4万円程度。よし、それならとにかく見に行こうということになりました。
 

f:id:y314t923:20190715082956j:plain

 
近くのエディオンに行くと、コードレス掃除機がいっぱいおいております。プレミアムスティック型、スティック&ハンディ型、そして、ハンディ型。各々数種類のブランド、10種類くらいの商品がおいてありました。
 
店員さんをよんで説明をきくと、
 
まず型の違いを教えてくれました。
 
ハンディ型とスティック&ハンディ型は安いのでいいのかと思ったら、吸引力がよわく、補助的にしか使えないとのこと。
 
メイン掃除機の買い替えを考えていたので、吸引力の強いプレミアムスティック型がいいということになりました。
 
次はプレミアムスティック型でどのメーカーがいいか?
 
ダイソン以外の日本のメーカーは安いし、先端のブラシ部分にモーターがついていて、軽く動かせたりするので、いいなぁと思ったのですが、なんと使える時間が10分程度とのこと。
 
ダイソンだと30分使えるということで、
 
メーカーはダイソンになりました。今度はダイソンのどれにするか?
 
旧型は42000円。しかも、お持ち帰りで3000円引きで3万円台で買えます。
 
ところが、説明をきくと、いちばんふるいやつは先端のブラシ部分に髪の毛などがからまる不具合があるとのこと。
 
その部分が改善されたものは7000円高い。だったらそれにしようかと思ったら、それより新しいモデルがある。
 
価格がさらに1万円高くなるけれど、使える時間が1時間にのび、クリーナーの構造も改善されて使いやすくなっている。
 
しかも、これも特別価格。よしっこれでと思ったら、さらに最新式がある。最新式は、そのモデルからさらに吸引力などがよくなっているが、価格がさらに1万円高い。
 
さすがにそれなら最新式でなくてもいいなと思いきや、店員さんが最新式のモデルにはエディオンポイントが10%つきますよと一言。
 
そうなると価格差は3000円。
 
それならそれでということになりました。
 
結局、4万円程度だと思ってみに行って、買った掃除機は7万円。そこからポイント還元されるので63000円。
 
1.5倍やんけ!と思ったけど、なんだか良いものをお得に買えた気分。
 
店員さんは何を聞いても、的確に答えてくれるし、お得に感じさせる仕組みもよくできていました。
 
そして、帰ってさっそく壁にダイソンのコードレス掃除機をとりつけて、う〜ん。なかなか良いと満足したのでした。
 
実は、これ最近読んだ選択の科学という本に書いてあったことそのものでした。
選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

 

 

ブログで選択の話を書いていて、この本の題名を見つけ、書評を読んでも評判がよかったので読みました。なかなかおもしろい本でした。
 
その本には、人は選択ができないととても不満になる。でも、あまり選択肢が多すぎてもどれがいいかわからなくなって、かえって満足できない。
 
7つくらいの中から、選んでいくと結果、とても満足すると書いてありました。
 
掃除機売り場には合計30種類以上の掃除機がおいてありましたが、3つの型から一つを選び、3つのメーカーからダイソンを選び、ダイソンの6種類の中から一つを選ぶ。
 
しかも、そこにはエディオンポイント値引きというリピートの仕組みまで組み込んである。
 
それがついつい高いものを買い、リピーターになっていく現場のリアリティ
 
よくできた仕組みにやられました。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt