キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

ウソにきびしい社会 なぜマツコデラックスさんは売れるのか?

ネット社会はウソにきびしい社会だと書きました。
 
昔、ベッキーさんは不倫でものすごく社会から非難されてしまいました。
 
なぜ、ベッキーさんは不倫であんなに非難されたのか?
 
同じように不倫した人の中にはそんなに非難されなかった人もいるのに。それは、ベッキーさんは元気でまじめでかわいいというイメージで売っていたからだと思います。
 
ベッキーさんの不倫はたんに不倫を非難されていたわけではなく、ベッキーさんが売っていたイメージが不倫でウソになってしまったから。
 
だから、あんなに非難されたんだと思います。
 
そんなウソにきびしい社会は、裏を返せば
 
ほんとうのことしか聞かない、見たくない社会だとも言えます。
 
なぜ、マツコデラックスさんはあんなに人気があるのか?
 

f:id:y314t923:20190725075703j:plain

 
それは、マツコデラックスさんがデブでおかまだからではないかと思うのです。
 
一般的に、男にとって、デブで、おかまというのは、そんなことないという人もいるかもしれませんが、もっともなりたくないものです。
 
そのもっともなりたくないものを自分はなりたいんだとマツコデラックスさんはあえて選んで生きておられます。
 
多くの人がなりたくない道を自ら選んで生きている人だからウソはつかない。ほんとうに思っていることをつねにいう人だとみんな無意識のうちに思っているのではないか。
 
また、そんな道を選んだ人は、弱い人の立場や気持ちもすごくよくわかる。
 
そのやさしさも同時に感じているからだと思います。
 
むかし、ある企業が実話をもとに有名俳優をつかってウェブ動画をつくりました。自分は見たときにとてもおもしろくてよくできてるなぁと思ったのですが、再生回数が思ったほどではなかったので、不思議に思いました。
 
なぜ、とてもよくできたウェブ動画の再生回数が伸びなかったのか?
 
それは俳優をつかってドラマにしてしまったために、見る人がほんとうのことだと思えなかった。企業の広告のつくりごとだと思ってしまったからではないかと思います。
 
ネット社会は、ほんとうのことを見たい、知りたいというつよい欲望がながれる社会。
 
でも、ほんとうのことって、宮迫さんと田村亮さんの記者会見みたいにとてもあからさまにするのがつらいこともたくさんあります。
生活にはどこかつくり話とかおとぎ話もあったほうが楽しい。
 
ウソのない、でも人の気持ちをやわらかくしてくれるつくり話や夢もある、そんな社会になるといいなと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt