キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

ブログをはじめてからよく聞かれること 2.いつ書いてるんですか?

次によく聞かれるのが、いつ書いてるんですか?
 
毎日約1000文字も書くなんてひまなんだなと思われているかもしれませんが、そこまでひまではありません。
 
では、いつ書いているのか?
 

f:id:y314t923:20190727100247j:plain

 
一つは過去です。
 
5年前くらいから、仕事で取引先さんや部署のメンバーに書いていました。それまでは月一回のレターを出していたのですが、ウェブの時代にレターもないだろう。思ったことを思った時に伝えたいなぁ〜そう思って書き出しました。それがかなりたまっています。それを少しみなおしてブログにあげています。
 
もっともそろそろそのたくわえが底をつきそうなので、これからがたいへんです。
 
もう一つは、すきま時間です。
 
すきま時間って結構あります。
 
スマホで何をどれだけやっていたかを自動的に記録してくれるアプリがあります。昔、スマホのゲームをしていたとき、週にどれくらいゲームをやっていたか?
 
あれってやりだすと、ちょっとしたすきま時間にもゲームをやってしまいます。通勤電車の中、ちょっとした待ち時間、家で何もせずぼんやりしているとき、2、3分のすきま時間でもやってしまう。
 
僕の場合は、週15〜20時間くらいやってました。
 
僕はタバコを吸いませんが、タバコ一本吸うのに約5分。一日20本吸う人なら一日100分吸ってることになります。
 
ブログ一つ書くのに30〜40分。週5時間もあれば書けます。
 
以前、必ず食える1%の人になる方法という本を読みました。

 

そのための前提条件がまず3つ。
 
パチンコをしない 。
スマホゲームをしない。
月一冊本を読む。
 
その上で、10000時間何かに打ち込む。
 
10000時間を打ち込むと、その能力は100人に1人の能力になると言われています。もし、10000時間打ち込むことをもう一つつくれば、100×100で10000分の1の能力になります。
 
そうすれば必ず食えるだけの能力がみにつく。そんなことが書いてありました。
 
10000時間打ち込むには、それだけの時間をつくらなければなりません。そのためにはパチンコやスマホのゲームをやっていては無理。すきま時間を使わなければ、そんな時間はつくれません。
 
そして、本を読むことは自分が打ち込んでいることをさらに学んだり、よくするのに役立つというわけです。
 
そうやって考えると、すきま時間を有効に使うか使わないかで、ずいぶん人生かわります。
 
そのことを実際ブログを続けてみて実感してます。
 
すきま時間、バカになりません。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt