キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

私が大好きなアーティスト マイルスデイビス 常に切りひらき続けた天才

私の大好きなアーティスト、二人目はマイルスデイビスです。
 
最も有名なジャズトランぺッターであり、作曲家であり、バンドリーダーです。ジャズってマイナーなので、ご存じない方も多いかもしれませんが、
 
数々の新しいジャズのスタイルをきりひらいたほんとうにスゴイ人です。
 

f:id:y314t923:20190811063551j:plain

 
彼は1926年生まれで1991年65歳で亡くなるのですが、18歳の頃、ジャズのビバップ革命に参加、その後、ハードバップ、モードジャズ、フュージョンと、ジャズの新しいスタイルをきりひらき、ジャズ界をリードし続けました。
 
さらに、新しい音楽を創るだけでなく、たくさんのミュージシャンが彼の元で育ちました。
 
ジョンコルトレーン、ウェザーリポート、ハービーハンコック、チックコリア、キースジャレット、ジャックディジョネット、有名なジャズミュージシャンのほとんどは彼が関わったといっても過言ではないほどです。
 
いくつものスタイルを新しくつくったこと、人を育てたことはほんとうにすごいと思います。
 
ジャスで新しいスタイルを築く人はいるのですが、彼以外のミュージシャンは一つのスタイルをつくり、それを極めて終わり。次の新しいものを見つけ出せず、マンネリにおちいったり、自ら命を絶つケースもめずらしくありません。
 
ところが、彼の場合は死ぬ直前まで新しいスタイルを創り続けました。
 
その秘訣を、彼は自叙伝の中でこう語っています。
 
「40代くらいから、自分には本当のクリエイティビティはなかった。ただ、何をしたいか、その方向性がはっきりあったことと、それをするために必要な才能を判断し、集めることはできた。方向性を定め、正しい人を集めれば、必ず何かが起きた」
 
これを読んだ時、なぜ彼だけが、常にきりひらき続けられたのか、なぜ、人を育てることができたのか、すごく納得しました。
 
また、以前書いた親しくしていただいているギタリスト吉田次郎さんが教えてくれたのですが、マイルズデイビスはこうも言っていたそうです。
 
「自分はみんなが演奏しているところに、ちょっと落書きしてるだけさ」
 
ちょっとした落書きをすることで、音全体がマイルスデイビスのひびきになる。それは落書きだから、理屈ではおさまらない自由な一筆。理屈じゃないから誰にもまねできない。そんな落書きのようなトランペットのひと吹きができるからこそ、正しい人を集めて、自分以外の人の演奏を自分の音にすることができる。
 
そんな強烈な個性やテクニックをもちつづけたことも新しいものをうみつづけたベースなんだなと思います。
 
そして、方向を示し、みんなの音をしっかり聞いて、ひと吹きでマイルスデイビス色にそめるなかで、
 
発掘された若い才能は自分の実力以上の演奏をし、その経験のなかで大きく育っていく。
 
また、同じ人がマイルスとやっているときとやっていないときで演奏の質が大きくかわるのを聴くと、
 
マイルスの人の能力をぎりぎりをひきだす能力のすごさも感じることができます。
 
われわれがビジネスの世界で、新しいものをうみださなければいけない今、マイルスデイビスの音楽は、そのためのインスピレーションやヒントをくれます。
 
マイルスデイビスのCDもほぼすべて持っていますが、おススメは
 
カインドオブブルー
Kind of Blue

Kind of Blue

 
ビッチェスブルー
BITCHES BREW

BITCHES BREW

 
TUTU
TUTU -DELUXE-

TUTU -DELUXE-

 

 

必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt