キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

前後裁断  104歳の禅師と浜崎あゆみ おだやかな自分でいるために

前後裁断。
 
過去も未来も考えず、いまに集中すること。
 
以前にも書きました。104歳の禅師のお言葉です。
 
この言葉が好きです。自分がおちこんだ時、この言葉を思い出すようにしています。
 

f:id:y314t923:20190829081304j:plain

 
だいたいおちこんでいる時って、今が自分が思ったようにならなかった時、自分の思いがとどかなかった時、将来がどうなるかわからない時、そんな時です。
 
思ったようにならないと、それを世の中のせいにしたり、人のせいにしたり、今までの自分のとった行動が悪いと思ったり。
 
どれも本当だと思いますが、どれも本当ではないとも思います。因果関係はあると思えばあるし、ないと思えばない。
 
将来のことも同じです。今まで予想の範囲内だった人生が予想外になると、これからどうなるのかまったくわからなくなる。そもそも、想定の範囲内になるなんて、今までたまたまそうなっただけで、必ずなるなんて自分の思い込み。その思い込みが自分を不安にさせます。
 
だから、過去のことも、未来のこともぜんぶ断ち切って、今に集中する。
 
前後裁断して、今ここを大切に生きる。
そして、その結果の未来はすべて甘んじてうける。そうやって前後裁断をくりかえす。
 
結局、これだけ世の中がどうなるかわからなくなった時代、そうやって生きるしかないのではないか?
 
そんな気持ちになった去年の秋頃好きになった歌があります。
 
浜崎あゆみのSEASONSです。
 
今日がとても楽しいと、明日もきっと楽しくて、そんな日々が続いてく。そう思っていたあの頃
 
今日がとても悲しくて、明日もしも泣いていても、そんな日々もあったねと笑える日が来るだろう
 
幾度めぐりめぐりゆく、限りある季節のなかで、僕らは今生きていて、そして何を見つけるだろう
 
前後裁断的ないい歌詞だなぁと思います。
 
ところで、ゴルフでミスする時って、せまいフェアウェイにのせようとか、グリーンピンそばによせようとか、思って力がはいったときです。こんな時にも、前後裁断。今ここのショットに集中してスイングするようにしています。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt