キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

映画「Yesterday」なくすと思ったときにほんとうに大切なものがわかる

「Yesterday」という映画を見ました。
 

f:id:y314t923:20191024073706j:plain

 
ネタバレしてはいけないので、くわしくは書きませんが、
 
ある日、世界中が同時に停電して、その時に世界中の人の記憶やコンピューターの記録からビートルズが消えてしまいます。その時、記憶を失わなかった人がいます。その人は才能イマイチの売れないミュージシャン。彼は自分だけがビートルズを覚えていることに気づき、ビートルズの歌を一生懸命思いだして、その歌を歌います。そして、スターになっていく。さて、それからどうなるか?これ以上書くとネタバレになってしまうので、この後はぜひ映画を見てください。
 
で、その映画をみて感じたこと。
 
ひとつは、ビートルズの曲がほんとうにすばらしいこと。
 
主人公がギターでビートルズの歌を弾き語るのですが、その歌が、自分がビートルズがたいへん好きだこともありますが、とにかく美しくすばらしい。
 
ふたつめは、ビートルズがこの世にいてよかったということ。
 
いったん世界中からビートルズが消えてしまう。それが主人公によって再び世の中にひろがっていくわけですが、ビートルズがこの世にいてよかったなぁと映画をみていて素直に感じてしまいました。
 
みっつめは、なくした時に、あるいは、なくすと思った時にほんとうに大切なものがわかるということ。
 
ビートルズの音楽がなくならなくてよかったと思った時、ビートルズの音楽や存在が今までの自分の人生のかなりの部分を支えてくれていたことに気づきました。
 
元気がなかったときにビートルズの歌でがんばれたこと、ビートルズが好きで始めたバンド活動での思い出、ジョンレノンの歌詞の影響をうけた今の自分の考え方、いろんなことがバァーっとこみ上げてきて、感動したり感謝したり、そんな気持ちに突然なりました。
 
考えてみれば、ほんとうに大切なものって、あたりまえになっていて、普段はあまり大切だと感じていないものが多いなと思います。
 
その代表が空気や水。空気も水もなくなったら死んでしまうのだから、これ以上大切なものはないと思いますが、あなたの大切なものは何ですか?と聞かれて、空気とこたえる人はまずいません。
 
この前、スマホがこわれたときの話を書きましたが、スマホなんかもなくなったらほんとうに困るので、かなり大切なものになっているように思います。
 
今、なくすと思ったときにどんな気持ちに自分がなるのか?今あたりまえだと思っていること一つ一つ想像してみて、何が自分に大切なのかを見つめなおしてみる。
 
そして、わかったその大切なものに感謝して、ほんとに大切にする。
 
そういうことって大事だなと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt