キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

英雄がいらない時代、ひとの想いをうけてかがやく。

一人一人を大切にすることやがんばりの波紋の話をしましたが、
 
人(年上、年下、上司、子供、親、友達、仕事仲間…)、組織(家族、学校、会社…)社会、国、世界といったさまざまなつながりの中で自分をイキイキとさせる
 
このことを心がけています。
 
どこまで自分を開き、いろんな人の思いやいいなって思うことを自分の中にとりいれて、それでもちゃんと自分は自分でいられるか。
 

f:id:y314t923:20191114083835j:plain

 
前、水から命が生まれる話を書きましたが、そんな風に新しい何かが自分の中からうまれるためのチャレンジです。
 
昔、国など、みんながただしいと思う価値観があった時代であれば、そのただしさにもとづいて、生きていればよかった。
 
しかし、
 
今は、みんながただしいって思ってる価値観なんてありません。そんな時代にパワーをもつのはグーグルです。
 
グーグルは、ただ、キーワードに関係するサイトの中で、人がたくさんアクセスしている人気者のサイトを検索し、人気順に表示するという機能しかありません。誰かが何かにアクセスしたいと思ったときに、グーグルにいけば、一番早くつながるというだけです
 
昔、革命をおこすには英雄を必要としました。
 
 
今、革命に英雄はいりません。中東ドミノ革命や香港デモのようにFACEBOOKなどのSNSが革命をおこします。
 
英雄のもつ最も大切な機能とは、人を集める力、いろんな人と会ってつながる力だったんだなと思います。例えば、坂本竜馬の存在価値とは何だったのか。進歩的な考え方、行動力、覚悟、いろいろありますが、当時のキーマンたち、西郷隆盛桂小五郎後藤象二郎勝海舟から見た彼の付加価値は何よりもまず、彼が誰とでも会って話ができるということだった。
 
現代では皆が勝手につながるFACEBOOKTWITTERが革命を起こします。SNSに集う人たちから主義主張が生まれ、育ち、動き、世の中をひっくり返してしまいます。
 
香港デモがいまだに終わらず、コントロールできないのはリーダーがいないことが一つの理由だそうです。
 
自分が人間グーグルのようにいろんな人にアクセスできるネットワークの入り口になって、生命をうみだす水みたいに何かをうむキッカケになれたらいいなと思います。
 
ウルトラマンティガというドラマがあります。その最終回、怪獣に一旦ウルトラマンは負けて死にます。ところが、世界中の人たちのウルトラマンへの思いがウルトラマンにとどき、その思いを全身に満たしたウルトラマンはさらに強くなって怪獣をやっつけます。
 
その映像がずっと目に焼きついているのですが、元気で爽やかでこの人といると楽しい、場が明るくなると言われる人って、そんな人なんだろうと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt