キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

屋久島のガイドさんが教えてくれたこと 「好きなことを仕事にする」

屋久島を案内してくれたガイドさんは、若くて、ジブリがだいすきなガイドさんでした。
 
そのガイドさんは徳島の生まれで、いったん就職するのですが、ジブリの映画がだいすきで、もののけ姫をはじめとして、いろんなジブリ作品のもとになった屋久島に移住しようと思いたちます。
 
それで、そのことを彼女に勇気を出して、いっしょに屋久島にいかないか?と告白したところ、答えはOK。去年2人で屋久島に移住することになったそうです。そのあと、その人は今のガイド会社に飛び込みで訪問して、採用してもらい、ガイドになりました。
 

f:id:y314t923:20191207092819j:plain

 
そんなふうにして、ガイドをはじめた人なので、屋久島もジブリもとにかくだいすき。
 
ジブリの映画はもちろん何度もみる。サウンドトラックもなんども聞く。その度に新しい気づきがあるといいます。ジブリの雰囲気にひたりたくて、森の中で野宿までしたことがあるそうです。
 
だから、ガイドしている間も屋久島の話はもちろん、ジブリの話がとまりません。山にいくまでの車にかかるBGMももののけ姫です。
 
もうガイドしてるというより、自慢してるというか、よさをとにかく知ってもらいたくて一生懸命話すという感じ。
 
こう書くと、ガイドさんのガイドは少ししつこいんじゃないかと思われる人もいるかもしれませんが、
 
人が大好きなことを語るのを聞くのはとても楽しかった。
 
それで思いました。
 
人のすごく好きという気持ちは、まわりを明るくするんだなと。一人でも多くの人にとにかく知ってもらいたいと思うくらい好きなことがあるってすばらしいことです。
 
そして、それを仕事にできるなんてもっとすばらしいことです。
 
「この仕事ほんとに楽しいんです。」
そういったガイドさんはとても素敵に見えました。
 
まだガイドをはじめて1年とちょっと。これからもっと屋久島のことを勉強して、優秀なガイドになるためにがんばると言われていました。
 
いい仕事、いい人生の第一歩って、なにかをものすごく好きになることなんだなとあらためて思いました。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt