キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

忘年会のたのしみ方

12月といえば忘年会。特に今週と来週は忘年会のピークです。仲間とあつまってお酒を飲んで語って大騒ぎするのは楽しいものです。
 
忘年会の楽しみ方ってあると思います。
 

f:id:y314t923:20191211065803j:plain

 
まず、文字どおり一年を忘れる。
 
ただ、忘れかたがあると思います。それは覚えることを決めて、それ以外は捨てる。
 
前にも書きましたが、断捨離やマージャンでツモって、残すパイを決めて、これからつかわないパイを捨てるのと同じです。
 
今年、一緒にいろんな経験とした仲間、ひさしぶりにあう仲間と、今年あった思い出を語る。あの時は楽しかったねとか、うれしかったねとか、めちゃくちゃ笑ったねとか、楽しい思い出。逆に、くやしかったねとか、今度こそがんばろうねとか、悔いののこる思い出。楽しく仲間と語れる思い出は、将来がんばるための大切な財産です。
 
記憶とは過去のものではなく、今生きるために必要なもの。
思い出を語ることで、覚えること、記憶に残すことを決めて、それ以外は忘れる。それが健全で前向きな忘れかたのような気がします。
 
次に、将来を語る。
 
忘年会のことを望年会と書く友人がいます。
 
なかなかうまいこというなと思います。一年あったことをふりかえって、思い出を語り、これから必要なものを感じたら、来年のこと、さらに先の未来に何がしたいのかを共に語る。その希望や夢がわかちあえると、すごくうれしくて、ちょっとワクワクした気持ちになることができて好きです。
 
そして、今を楽しむ。
 
前に「今ここ」を大切に生きるとか、一息一息大切にするとか書きましたが、最近思うことがあります。それは、
 
過去や未来が感じられない「今ここ」は、楽しくない。
 
ということです。
 
いくら今を楽しくしようとして大騒ぎしても、そこに過去や未来が感じられなければ、刹那的で、さわいでも、さわいでもむなしい気持ちになってしまう。最近、薬物使用で捕まる有名人がいますが、そうした人たちの今の過ごしかたは、きっとどこかむなしいのではないかと思います。
 
仲間との思い出という過去、仲間との希望という未来、そして、今仲間と一緒にいることを感じたとき、仲間や運命への感謝の気持ちがわいてくる。今を楽しむとはそういうことだと思います。
 
今年の忘年会も、目一杯楽しみたいと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt