キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

一人旅できる人とできない人のちがい

この間、忘年会で長期休みの過ごしかたの話になりました。で、話でもりあがったのが、
 
一人旅をできるかできないか?
 

f:id:y314t923:20191220081514j:plain

 
自分は一人旅が苦手です。
 
なんなら、食事や映画なんかも一人でするのは好きではありません。出張のとき一人でホテルの部屋ですごすのは嫌なので、たいてい夜遅くまで飲んで、ホテルに帰ったら、そのままバタンキューと寝てしまうことにしています。
 
考えてみると、自分はほんとの一人になったことがほとんどありません。大学は実家から通っていたし、会社は寮だったし、ほんとに一人になったのは欧州勤務になり、家族がくるまでの3ヶ月だけ。
 
だから、一人になるのがさびしいというか、心ぼそくなってしまいます。
 
でも、一人旅や一人で過ごすのが好きな人もいます。
 
屋久島に行ったときも、一人旅、しかも女性の一人旅をずいぶん見かけました。
 
昔「ヒロシです」で売れたコメディアンのヒロシは、いま、一人キャンプのYouTuberとして、成功しているそうです。
 
そのヒロシの「働き方1.9」という本を読みました。
 
その本には、いかに一人が自由に自分の好きなことを誰にもじゃまされずにできていいか、書いてあります。
 
たしかに一人は気楽で、好きなことを自由にできるから、日頃いろいろ人に気をつかったり、ガマンしてたり、いやいや働いてたりすると、一人になることがすごくストレスから解放されていいのかもしれないなぁと思います。
 
それでも、一人だと、旅行に行っていい景色をみて、すごいね!とか、おいしいもの食べて、うまいね!って言える人が言えないのはいやだなって思うって、そのとき言ったら、一人旅が好きな女性がこう言いました。
 
「伝えたいと思う人ができると、一人ではいられなくなるのよ。」
 
「そっかぁ〜」なんかとても納得してしまいました。
 
自分は風のように、マイペースで生きてるように思っていたけど、いつも誰かわかってくれているという安心感があるからそうできてきた。そんな風に自由でいたいから、いつも誰かにわかると言ってもらいたいと思って生きているんだなと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt