キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

池江璃花子さんの退院に思うこと

水泳選手の池江璃花子さんが退院されました。
 
よかったなぁと思います。
 

f:id:y314t923:20191221064558j:plain

 
卓球の平野選手の涙の話で書きましたが、スポーツの世界はきびしい。というか、そもそも
 
運命というのは、ほんとにきびしい、理不尽だと思えることがある。
 
平野選手の場合は、競争に負けたわけですが、池江選手の場合は、競争では日本では敵なし。世界と戦うためにものすごい努力をしている最中に、白血病がわかったわけですから、これはもう理不尽としか言いようがない。
 
池江選手もツイッターで「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。」「正直、心が折れそうな時もあります。」とつぶやかれていたので、その心痛は想像を絶するものがあります。
 
その池江選手がこのたび治療が終わって退院することになったことはほんとによかったなと思います。
 
バトミントンの桃田選手は前回のリオオリンピックのとき、世界第2位の実力がありながら、先輩と賭博に参加したことが発覚し、出場できることができませんでした。
 
彼の場合は自業自得ではありますが、そのときの心痛はやはりとんでもなく大きかったに違いありません。
 
そして、今、桃田選手は復活して、圧倒的な強さを誇っています。その落ち着いた態度、勝ったあとかならず感謝の気持ちをのべるコメント。スポーツの強さだけでなく、人としての大きさも感じることができて、とてもすばらしいなと思います。
 
人は大きな挫折や理不尽な運命をのりこえたとき、大きく成長する。その姿は、屋久杉のように魅力的に見える。
 
池江選手は退院を報告するツイッターで、
 
「失ったものが多いのではと思った方もいらっしゃると思いますが、私は病気になったからこそ分かること、考えさせられること、学んだことが本当にたくさんありました」
 
「2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」
 
とつぶやきました。池江選手が桃田選手や屋久杉みたいに、強くて大きな選手、人に成長するすがたを楽しみに応援したいと思います。
 
そして、
 
その姿は、誰しもかならず経験する挫折や理不尽な運命にくじけず、のりこえていく勇気や力をあたえてくれる。
 
がんばって生きよう(^^)
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt