キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

すべらない話 寝過ごし「行方不明」

バスで寝過ごした話を書いて、
 
もうひとつ、寝過ごしで大失敗した話を思い出しました。入社して間もないときの話です。
 
トヨタでは入社すると工場実習があります。
 
僕の頃は2か月間、昼夜勤交代の勤務でした。幼稚園のころ、左ひじを骨折していて、左手の腕力がちょっと弱いこともあって、作業は、重いものをもたなくていいそこまで厳しくないスポット溶接作業でした。
 
それでも、ちょっと前まで学生をやっていた身としては、2分間程度の作業を一日中くりかえしすること、特に、夜勤での夜通し作業は、なかなかきびしいものでした。
 
作業が遅れそうになると、「あんどん」と呼ばれるひもをひいて知らせます。するとチームリーダーの人がすぐかけつけて、助けてくれました。また、創意くふう制度で、床の段差を解消してくれると足のつかれが少なくなると提案すると、すぐなおしてくれて、歩くのが楽にしてくれました。
 
工場実習では、トヨタ生産方式のあんどんシステムや創意くふう制度をそんなかたちで実体験することができ、とても勉強になりました。
 
ただ、夜勤のとき、BGMでトラックの運転手さんがよく聞いていたラジオ番組「走れ歌謡曲」が流れていたのですが、これがずーっと演歌。音楽が好きで特にロックが好きだった自分にとって、この演歌攻撃はつらかった。
 
そんな工場実習の日々に寝過ごし行方不明事件はおきました。
 

f:id:y314t923:20191223062244j:plain

 
昼勤の次の週は夜勤です。だから、月曜の夜まで休みになります。つまり休みが1.5日になるわけです。当時、京都に住む今の奥さんとつきあっていて、毎週、京都に帰って、一緒に遊んでいました。その日も月曜の夕方まで一緒に遊んで、そのまま車で工場へ行きました。
 
クルマを工場の駐車場にとめて、ちょっと眠かったので車の中で寝ることにしました。夜勤が始まる時間になれば、クルマがどんどん入ってくるので、その音で起きると思い、安心して寝ました。
 
ところが、その日は雨。雨の音につつまれるように寝たので、雨で車の音は聞こえず、目を覚ましたら夜の10時半。始業時刻から2時間以上過ぎていました。
 
寝過ごしで大遅刻です。
 
やってしまった。でも、もう今さらいそいでもしかたない。あやまるしかない。
 
そう思って、仕事場にむかいました。すると、いつもあんどんをひくと助けてくれていたリーダーの人が僕をみつけて走ってきます。めちゃくちゃおこられると身構えたのですが、第一声は
 
「おぉ~来てくれたか!大丈夫か?ありがとう」
 
当時はまだ携帯電話が普及していません。僕が出社してこないので、仕事場は大騒ぎになっていました。寮に電話をしても、僕の実家に電話をしても連絡がとれない。どこにいるかわからない。行方不明です。工場実習がつらくて、どっかに行ってしまったのではないかとすごく心配されたそうです。
 
そこに、とことこ歩いてくる僕を発見。思わず第一声がありがとうになってしまったわけです。本当に悪いことをしたねと反省すると同時に、
 
組織の一員として働くということで、たくさんのの人と関わりができることを学びました。
 
もちろん、そのあとはしっかりおこられました。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt