キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

志賀高原がグローバルになってかわったことと今年の抱負その3

お正月は毎年、志賀高原にスキーです。
 
スキーを始めたのは大学生のとき。それ以来、すっかりスキーが好きになり、かれこれ20年ちかく、志賀高原にスキーに来ています。
 
スキーが好きな理由は前に書きました。
 
今まで行ったスキー場の中で一番のスキー場は欧州赴任のときに行ったフランスアルプスのヴァルデゼール。
 
今年は、いつも泊まっているホテルが満室。どこのホテルもほぼ満室で予約をとるのにずいぶん苦労しました。
 
来てみると、外国人の多いこと。
 

f:id:y314t923:20200105092630j:plain

 
中国人はもちろん、オーストラリアなど、いろんな国から志賀高原にスキーに来ていました。働いている人も外国人がおおい。
 
そうなって、一番かわったなぁと思ったのが、おもてなしというか、ホスピタリティ。
 
レストランでオーダーしても、なかなか料理がでてこない。
レンタルスキーであらかじめ予約してあった靴のサイズがない。
ロッカーのあつかいが乱暴でベコベコ。
 
いずれのケースも
 
どうなってるのか?とクレームしないと対応してもらえません。逆にクレームすると、すぐに対応してくれます。
 
それはストレスなのですが、考えてみれば、
 
ヨーロッパにいたときは、あたりまえのことでした。
 
自動販売機なんか、かならずバコバコにされていたし、お店は無愛想だし。
 
日本人はみんな同じことが前提になるのに対し、グローバルになるとみんなが違うことがあたりまえになる。 
 
そうなると、人のことをおもんばかって何かをしても、それが相手にとっていいかどうかがわからない。わからないから、こまった人が言ってから動くというスタイルになります。
 
それはグローバル、多様化が進んだ社会のルール。自分のことは自分でまもる。自分の意思ははっきり口にだす。
 
日本の社会も、多様化がすすみ、先行きがわからない時代になって、少しずつ、でも確実に、そういう社会へ変化していくように思います。
 
ところで、今回のスキー。大学生のむすことすべって、体力のおとろえをすごく感じてしまいました。
 
このままこの調子で年をとると、できることがどんどん減っていく、やばい。
 
ということで、いくつになっても、いろんなことを楽しめるように、
 
「2020年の抱負」その3、体をきたえる。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt