キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

ゴルフで一番難しいこと。人生で一番難しいこと。

今日もゴルフの話です。
 
松山英樹にある人がこう聞いたそうです。
 
「松山選手は、たとえば1ヤードきざみでショットを打てるんですか?」
 

f:id:y314t923:20200121074626j:plain

 
答えは、
 
「できませんよ。それができたら、ぜんぶバーティーとれますよ。」
 
言われてみればそのとおりです。松山選手といえども、思いどおりに玉を打つことはできません。それで今度は
 
「なにが一番むずかしいですか?」
 
と聞くと答えは、
 
「一球一球違うことです」
 
それは地面の状況や風などの天気の違いですかと思って聞くと、
 
「そうではありません」
 
「じゃあ、なにが違うんですか?」
 
と質問したところ、
 
「自分自身です」
 
という答え。ゴルフは玉がとまっているので、毎回打つときに自分が違うことがきわ立つのだそうです。それは気持ちだったり、体調だったり、すべてが完璧にそろったことは一度もないといいます。
 
その話を聞いたとき、なるほどなぁ〜とすごく感心してしまいました。
 
動いている玉を打つのももちろんむずかしいことです。これは相手が動き変化するのに対して、自分がどう合わせるかのむずかしさ。
 
それに対して、ゴルフは相手がとまっているから、変化する自分をどう自分でコントロールするかのむずかしさ。
 
どっちもむずかしいけれど、かなりむずかしさの質がちがう。
 
座禅はじっと座りつづけることで、自分の気持ちが変化するのを感じ、無になる努力をする禅の修行。
 
ゴルフって、禅の修行みたいだなと思いました。
 
弓と禅という本の話を前に書きました。
 
弓の達人も剣の達人も茶道の達人も、その道を極めた人が学ぶことは同じ。どんなことがあっても平常心でいられる心のつよさ、姿勢だと書いてありました。
 
何事も極めると学ぶことは相通ずる。それは、人生で一番むずかしいこと。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt