キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去のトヨタでの出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

健康優良企業を目指す。

今日も販売店の代表者の方から教えてもらったことです。
 
最初聞いたときは、その会社で働く社員の人たちがみんな健康であること、健康に働ける環境や制度が整っていることがと思いましたが、それでは社員が健康なだけで、企業が健康ということにはなりません。
 
健康優良企業とは、豊富な知識と強い体力を持った誰からも好かれる会社。
 

f:id:y314t923:20200219080311j:plain

 
健康な人みたいな会社です。では、健康な人とはどんな状態なのか?
 
健康な会社とはどんな会社なのか?自分なりに考えてみました。
 
まず、健康なからだとはからだの骨や臓器や筋肉が正常に機能しなければいけません。
 
骨はしっかりして、筋肉は強くてやわらかい、正しく動く、そんなからだです。
からだの各器官は、会社では社員、人です。
 
だから、健康な会社は働く人、一人一人が健康で元気に働いている会社。
 
つぎに、健康なからだとは、各器官がちゃんと思いのままに連携して動かなければいけません。
 
そのために人の体は神経ネットワークで各器官でつながり、情報のやりとりをしています。
 
だから、健康な会社は、働いている人が一人一人が感じたことや知ったことなどが、情報として共有されてワンチームで動ける会社。
 
現場の情報はいいことも悪いこともトップまで遅れることなくつたわり、トップが発した情報は一人一人にいきわたって、ワンチームで動くことができる。そのために人間の神経ネットワークのようなネットワークが会社の中にできている。
 
異常があれば、すぐに気づける仕組みがある、そんな会社です。
 
そして、健康なからだとは、変わり続けているからだ、新陳代謝しているからだです。
 
人の体の細胞は半年に一回入れ替わっています。そのために、人は食べる。
 
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

 

 

人の細胞の数は60兆ともいわれ、毎日約3000億の細胞が入れ替わっているそうです。
 
3000億もいれかわりがあると失敗もあります。その失敗を治しながら人は生きているわけですが、それがうまくいかないと病気になる。老いる。癌の原因にもなります。
 
そして、毎日の入れ替わりが止まることが死です。
 
だから、健康な会社とは、つねに変わりつづける会社。
 
夢をもって、その夢にチャレンジしつづけ、少しでも、その山に向かって前進する。
 
会社のことを法律上、法人と言いますが、会社も人みたいなもの。その健康はすべての基本だなと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt