キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

東京のとんかつはなぜこんなに美味しいのか?

東京で一人でお昼ご飯を食べる機会があったら、できるだけとんかつを食べるようにしています。そして、食べるたびに思うこと。
 
東京のとんかつはうまいなぁ〜
 

f:id:y314t923:20200222064534j:plain

 
ほかにも、寿司とか天ぷらとか東京がおいしいものはありますが、寿司や天ぷらは高くてそうそう食べられるものではありません。
 
その点、とんかつなら高くてもしれているので、いわゆる名店といわれるとんかつを食べることができます。
 
ころもはサクサク、肉はジューシー、とにかくうまい。この間も(あおき)というとんかつ屋さんのとんかつを食べたのですが、これが、最高においしかった。
 

[tabelog:1620694:title]

 
これが、うどんとか、お好み焼き、たこ焼きといったいわゆる粉もんになると、大阪が断然うまい。
 
これって、結局積み重ねの違いなんだと思います。
 
最初にうまいとんかつ屋さんができて、そのとんかつ屋さんで修行した人が独立する。あるいは、そのとんかつを食べて感激した人が、もっとおいしいとんかつをと思って、とんかつ屋さんをはじめる。
 
そういうことをしてきた時間と人の数がぜんぜんちがう。
 
それが、東京のとんかつがうまくて、大阪のお好み焼きがおいしい理由に違いないと思います。
 
以前、ルーブル美術館に行ったとき、中世のいろんな地域の絵画が飾ってあるのを見ておどろきました。
 
同じヨーロッパでありながら、フランスやイタリアの絵と比べて、その他の国の絵画がヘタ、というかずいぶん昔の絵みたいに見えました。
 
その時も、同じことを思いました。
 
おもえば、車だって、家具だって、スポーツ選手だって、いろんなことは積み重ねで差がついている。
 
そうなると、
 
そう簡単には追いつかないという気持ちにもなるけれど、積み重ねの一つ一つは小さなことなんだから、誰にでも可能性がひらけているということにもなる。
 
継続は力なり。そして、継続は世代を超えてつづく。
 
昨日、完璧なものはつくらないという言葉について書きましたが、そもそも完璧なんてものはなくて、改善は永遠につづく。問題解決の絶えざる改善です。
 
といろいろ書きましたが、それくらいとんかつがうまかったって話です。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt