キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

会社が人のように成長するために

会社も人もただ生きるだけではつまらない。
 
さんまちゃんの名言に「生きてるだけで丸儲け」という名言がありますが、ただ生きてるだけでOKだと言ってるわけではなくて、生きてるといろいろあって悲しくなったりつらくなったりするけど、生きてるだけで丸儲けと思って、元気に楽しく生きようよという意味だと思います。大好きな言葉です。
 
また、人には生きてるだけでいいよと言ってくれる家族や恋人が必要ですが、それだけで幸せになれるわけではありません。
 
やはり、誰かのためになって、成長しているという実感がなければいけない。
 

f:id:y314t923:20200323061953j:plain

 
そのために大事な生き方、働き方は、問題解決だと思います。
 
自分がめざすあるべき姿をえがく。
その姿と現状とのギャップをみつめて、
今とりくむことを決める。
今までなぜできていなかったか?なぜを繰り返して、今やることを決めてやり切る。
それを繰り返して一歩一歩あるべき姿に近づいていく。
 
会社であろうと、人であろうと、問題解決のサイクルを愚直に回し続けることが成長するということ。
 
もうこれでいいと思って、あるべき姿を描かず挑戦しなくなるとき、成長はとまる。 
 
目指したいこと、価値観が同じ人を採用したら、問題解決しつづけることができるように人をきたえる。
 
そして、一人一人が自律的に問題を解決して、あるべき姿に近づけるようにする。
 
そして、もう一つ大切なこと。それは、
 
一人一人の問題解決が歯車のようにかみ合って、目指す方向に進むようにすること。そのための仕組みが「方針管理」です。
 
そのことについては昔、書きました。
 
 
ここまでできれば、集団は、夢をめざす気持ちを燃料にして、動き、成長することができる会社になる。
 
でも、ここまでをきちんとするのはとても難しい。
 
だから、こうしたことをどこまで徹底的にできるかが、会社の強さを決める。そう思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt