キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

安心から信頼へ

これから信頼はほんとうに大切になると思います。
 

f:id:y314t923:20200526081627j:plain

 
会社でも若い時、信頼が一番大事だ、そのために人格を磨けとよく言われました。
 
最近の世の中、新型コロナへの対応など、今の日本は、この信頼が失われつつあるようにみえて心配です。
 
「安心社会から信頼社会へ」という本をあらためて読みました。
 
昔、糸井重里さんが推薦されていたのがきっかけで読んだ本です。再度読むと新たな気づきがあって二度読むもんだなと思いました。
 
その本を読むと、人と人が信頼しあい、心一つになることが強みだった日本で、なぜ信頼を失うような出来事が増えているのかがわかります。
 
以下、少し抜粋です。
 
日本社会は今まで信頼をあまり必要としない社会だった。関係の安定性がその中で暮らす人々に「安心」を提供しており、わざわざ相手を信頼できる人間かどうかを考える必要が小さい「安心社会」だった。
 
同じ人々とだけつきあい続け、よそ者が入り込む余地のない環境で暮らしていれば、人々は日常生活で安心していることができる。
 
そのため、日本人にとってその人がよそ者かどうかを正しく知ることが大事で、その人がどんな人かを認知する人間性認知能力よりも、人と人とがどんな人間関係かを察知する関係性認知能力が強くなった。
 
しかし、社会的な不確実性が増えた今、これからはよく知らない人が信頼できる人かどうかを判断する人間性認知能力が大事になる。
 
そう書いてあります。
 
日本人は日本人を信頼していたわけではなく、同じ日本人だという事実に安心していた
 
と言われて、なるほどなと思いました。
 
例えば、日本では安心して街を歩けます。それは治安がいいからだと思っていましたが、それだけではなく、仲間内の社会だったからなんだなと思います。
 
様々な国、人種の人が暮らしていて、一目ではどんな人がわからない人が多いヨーロッパでは安心して歩くことができなかったのは当たり前です。
 
日本は江戸時代に鎖国。明治以降開国したと言っても極東の小さな島国。バブル崩壊までは欧米諸国に追いつくという明確でわかりやすい目標に向けて、みんなが一緒に頑張ればいい社会でした。
 
それが、グローバル化が進み、終身雇用制は崩れ、離婚率はあがり、
 
世の中がこの先どうなるかわからない状況になって、閉ざされた安心社会であり続けることは不可能になりました。
 
今回の新型コロナにおける様々なことを見ていると、
 
安心社会を前提にした仕組みが、現状とあわなくなっていること、さらに、安心してはいけない緊急事態ではうまく働かないことが浮き彫りになったように感じます。
 
強制ではなく自粛をベースにした対応、よそ者をチェックするための非効率だが徹底した申請・認可の制度、個人情報の把握が不十分なマイナンバー制度、責任の所在が曖昧な国と地方との関係、全ては安心社会を前提にしていると考えると納得できます。
 
では、どうすればいいのか?
 
その本には、日本が安心社会から信頼社会に変わるためのキーは徹底した情報公開、情報の透明性ではないかと書かれていました。
 
情報がきちんと公開されていれば、人は安心することができます。社会自体が情報社会になって、行政の情報、企業の情報、個人の情報、ありとあらゆる情報は昔より共有することがとても簡単になりました。
 
また、Googleを使えば使うほど(=自分を公開すればするほど)検索が的確になったり、Facebookを使って自分を公開することで人との繋がりが拡がったり続いたり、情報を公開するメリットを実感できることも増えました。
 
中国や韓国、台湾、ニュージーランドスマホを活用した人の追跡管理は感染拡大防止に大きな効果を発揮しました。
 
今回の大阪の対応は、データの把握とその公開が全ての施策のベース。緑の通天閣はその象徴です。吉村知事は寝ろと言われるくらい仕事をしていますが、いつも作業服であることも含めて、寝てる以外の自分を情報公開しているようなものです。
 
そう考えると、国や他の地区のように、キリッとしたスーツ姿で現れたり、判断に必要となる全ての情報が公開されず、自粛緩和や宣言解除を総合的に勘案する仕組みとは大きく違うなと思います。
 
今回の新型コロナが、これからどうなるのかがわからない世の中でも、様々な人が信頼しあえる開かれた信頼社会になっていくきっかけになればいいなと思います。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt