キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

人を素直にする力

さんまちゃんが好きで、今まで何回かさんまちゃんのことは書いてきました。
 
さんまちゃんが番組で人と話していると、その人がどんどん素直になっていくなぁと感心します。
 
話している人が、自分のことを正直に話したくなって、話しているうちに笑顔になって、ウキウキ話すようになる。
 
ほんとに見事です。
 
どうしてそうなるんだろう?
 

f:id:y314t923:20200705092254j:plain

 
そう思って考えてみました。それで思いあたったことが
 
まずは、リアクション。
 
とにかくリアクションがいい。大きすぎると嘘くさい。小さすぎるとさびしい。ちょうど気持ちいいくらいに大きく、白い出っ歯を出して大笑いしてくれる。そんなふうに笑われたら、誰だって少しうれしくなります。
 
リアリティ1.25倍の法則です。
 
もう一つが、人が悩んでることを笑い飛ばしてくれること。
 
小倉久寛というとても眉毛が濃くて、背が低いバラエティ俳優がいます。その人は自分の顔や姿がコンプレックスで、悩んでいたそうです。
 
それがさんまちゃんの一言で吹き飛んだといいます。
 
「ええなぁ〜顔だけで笑いがとれて」
 
そう聞いたときに、自分の顔で得してることもあるんだと思って、ふっと悩みが消えてしまったそうです。
 
今、渡部の不倫問題で相方の小島が大変ですが、さんまちゃんはこれで小島に新しい笑いができたなぁ〜今度、一緒に出たら、渡部って呼んで、小島だよって答えたら、めっちゃうけるって言って喜んでました。
 
そして、この前のホンマでっかTVで小島が出演。さっそくやってました。これもまた、小島にとっては元気がでるはげましになったなって思います。
 
生きてるだけでまるもうけ。
 
人が悩んでいることのほとんどは気のもちようでたいしたことではなくなるものです。
 
一緒に悩むというよりは、笑いとばすことで、人の気持ちを楽にするってすごいなと思います。
 
ひとつ間違ったら相手を傷つけてしまうところですが、そうならない。
 
そこには、人生は簡単ではないというきびしさと相手に対するやさしさがあるからだと思います。
 
思えば、なんば花月も、この間書いた昔処刑場があった千日前にあります。
 
昔から人は人間にとって一番つらい死を乗り越えるために笑いを求めていたのでしょう。
 
テレビのスペシャル番組で、生まれ変わったらもう一度お笑いをやりますか?と聞かれたさんまちゃんが、こんなしんどいことはもういいですわって答えたのがとても印象に残っています。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beautiful, nothing hurt