キムライフ・キムライブ

もらったものは次の人に渡す。日常での気づき、過去の出会い・経験、大好きな本や音楽などからもらったものがどこかの誰かにわたり、もし役に立てればうれしいです。

誰にでも、どんなことにも一回目はある

大阪と和歌山のトヨタ売店を中心に販売されている「Tz」というカー用品のプライベートブランドがあります。ブランドとして立ち上がったのが5年前。検討をはじめたのは7年前になります。ドラレコが主力商品で、昨年は大阪・和歌山で10万台売れました。新車販売台数が約10万台なので、新車1台につき1台売れたことになります。
 
この間、その5周年ということで、これからもがんばろうという節目の集まりをしました。昔の写真をみたり、これからの課題を確認したり。最後に、当時から責任者として、ずっとリードしてきてくれたリーダーが締めの挨拶をしてくれました。
 
いろいろつらかったこともあった、楽しいこともあったのだと思います。感極まって涙する一幕もありました。
 
発売初日の売り上げは85000円。それが昨年、一年で30億円の売上にまで成長しました。
 
その時、頭によぎった言葉が前にも一度書いた言葉。
 
誰にでも、どんなことにも一回目はある
 

f:id:y314t923:20200716074847j:plain

 
昨日まで、夢にむかって問題を解決するために、取り組む問題を決めるという話を書きました。そして、どんな大きなことを成し遂げた人やビジネスも、最初からビッグなわけではない。最初は小さいことからはじまって、夢に向かって取り組むことを決めてやりきることを積み重ねていくうちに大きくなるんだというようなことも書きました。それは、言いかえると、どんなことにも一回目はあるということです。
 
ちょっと一回目のものを集めてみました。
 
トヨタG1トラック

f:id:y314t923:20200716074238j:plain


最初のトヨタ売店 日の出モータース

f:id:y314t923:20200716074344j:plain


ホンダの最初のバイク

f:id:y314t923:20200716074447j:plain

ソニーの最初のトランジスタテレビ

f:id:y314t923:20200716074534j:plain

f:id:y314t923:20200716074607j:plain


f:id:y314t923:20200716074647j:plain


アップルがつくった最初のパソコン

f:id:y314t923:20200716074720j:plain


アマゾン創業のころのホームページ

f:id:y314t923:20200716074749j:plain


アップルが最初につくったパソコンなんて、まるで木製のタイプライターです。
 
こういう一回目のものを立て続けにみていると、
 
誰でも最初につくったものはどれも今から見ればとても小さかったり、素人っぽかった。
 
と同時に、そこにはモノ自体には収まりきらない情熱というか夢が感じられる。その収まりきらない力が今に続く原動力になったんだなと思います。
 
誰にでも、どんなことにも一回目はある。
 
なんだか自分にも何かできそうな気持ちになって、勇気がわいてきます。
 
必ず学べることはある
学んだことは次の人にわたす
Everything is beauiful, nothing hurt